スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト



ユニクロ UNIQULO クリスマスCM あの人にもクリスマスを ヒートテック篇


ユニクロ UNIQULO クリスマスCM
あの人にもクリスマスを ヒートテック篇



UNIQLO ユニクロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

株式会社ユニクロは、「UNIQLO(ユニクロ)」の店・ブランド名で実用(カジュアル)衣料品の生産販売を一括して展開する日本の会社である。

本社は山口県山口市大字佐山717-1。東京本部は東京都千代田区九段北 1-13-12 北の丸スクエア。持株会社である株式会社ファーストリテイリングが東京証券取引所第一部に上場している。

開店
1984年6月、それまで山口県宇部市で「メンズショップOS」(1992年4月までに全店閉店またはユニクロに改装)の名称で男性向け衣料品を取り扱っていた小郡商事が、広島市中区袋町にユニセックスカジュアル衣料品店「ユニーク・クロージング・ウエアハウス」(UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE)を開いたのが始まり。この1号店は現在は無いが、中区袋町近くのショッピングモール、サンモールに広島サンモール店がある。ユニクロの呼称はこの店舗名の略称が元になっているが、当初略称の英文綴りはそのまま「UNI-CLO」であった。1988年、香港に現地法人を設立した際、会社登記の書類に略称の「UNI-CLO」を書き間違えて「UNI-QLO」と記入して登録してしまったことがきっかけで、そのまま英文綴りを「UNI-QLO」に変更した商標が採用されることとなった。広島への開店当初は小林克也を起用し広島ローカルでCMを打った。開店以来一貫してワインレッドをシンボルカラーとした白抜きのロゴタイプを用いているが、かつては、これと別に手をつないだ男女のシルエットをモチーフとしたシンボルマークが存在した。1991年9月、社名をファーストリテイリングに変更。

利益拡大と海外進出
元々はナショナルブランド衣料品の小売店であった。アメリカンスタイルの倉庫風の建物内にクラシックな映画ポスターや有名スターのポートレイトを展示した特徴的な店舗を全国に展開し、またいち早く中国に優良な工場を持ち低価格で調達するモデルを構築。その点ではメジャーになる前から業界筋の間で知られていた。1997年頃からアメリカの衣料品小売店であるGAP(ギャップ)をモデルとした製造型小売業(SPA)への事業転換を進め、経済の状況にマッチした低価格・高品質商品の展開、また広告代理店と提携、クリエイティブディレクターにタナカノリユキを招き、明確なメッセージを発信したことが奏功して、2001年8月期には売上、経常利益ともピークに達し、余勢を駆って英国への進出も行われた。

業績の低迷、買収による業績回復
2002年頃から、日本では在庫が急増、英国での業績も振るわず、2002年、2003年8月期と利益が大きく落ちこむ。その後、「theory(セオリー)」「ナショナルスタンダード」といった国内外のブランドの買収、ファッション雑誌との共同企画(コラボレーション)商品の開発、藤原紀香など有名タレントの起用、外部デザイナーなどとの提携などのテコ入れが行われて2004年度には業績が上向いた(現在、ロンドン支店の業績は黒字に転じている)。東アジアでは、2002年9月に中国上海市に出店し、2005年9月には香港に、そしてロッテとの合弁で韓国ソウル市にも出店した。また、2005年、靴のマルトミ(ワンゾーン)を三菱商事などから買収した。

また、1998年の長野オリンピックを始め、2002年のソルトレイクシティオリンピック、2004年のアテネオリンピックと、オリンピックの開会式や移動用の日本代表公式ユニフォームの提供、サッカーJ2ザスパ草津にも2003年から2005年までユニフォーム提供を行った。このように企業主体のボランティア活動を推進している。

2005年には、雑誌「relax」(マガジンハウス)との共同で、東京・北青山に期間限定の「セレクロ」(セレクトショップあるいはセレブの位置付け)が開設された。また、大阪心斎橋に平均価格帯を引き上げた「ユニクロプラス」も開店したが、その後プラスの名称をはずし、現在は銀座店を中心に7店舗の大型店を運営。2006年11月にはニューヨークのソーホーに世界旗艦店を出店する他、上海にもアジア旗艦店を出店し世界進出を加速する。

2005年11月に、ファーストリテイリングは衣料品の製造・小売に関する営業を会社分割(吸収分割)によりゴルフ練習場を経営していた完全子会社のサンロード株式会社(当社)に承継させ持株会社制に移行した。同日、サンロードは社名をユニクロに変更した。

2006年現在、以前にも増してブランド広報としてのCM戦略に注力しているとのことであるが、実際に昨年までに比してCM頻度が高くなっている。2006年9月期からは「UNIQLO miX」と題して世界各国の著名デザイナーを招いたコラボレーション、「デザイナーズインビテーションプロジェクト」で注目を集めている。

現在の展開状況
2006年現在、日本以外のユニクロ店舗は香港を除きほとんど赤字である。米国での戦略を練り直し巨大店舗をニューヨークのソーホーに2006年11月10日オープンさせている。

2007年4月28日ユニクロ原宿店を改装し、T-シャツ専門店「UT STORE HARAJUKU.」を新たにオープンさせた。

2007年12月14日フランス初進出となるユニクロの第1号店がオープン。この店舗は、ユニクロのブランドメッセージを伝える「コンセプトショップ」としての位置付けであり、現在準備中のパリグローバル旗艦店オープンに向けフランス出店した。



CMに出演した有名人
相沢紗世
小林克也
永瀬正敏
伊勢谷友介
寿里
ARATA
大沢たかお
イッセー尾形
須藤元気
土屋アンナ
松雪泰子
山口智子
妻夫木聡
松山ケンイチ
小池栄子
小林繁
大杉漣
桜庭和志
藤原紀香
山崎まさよし
松任谷由実
矢沢永吉
水木しげる(肩に目玉おやじを乗せて)
ピーター
辺見えみり
hyde
テリー伊藤
中村修二(高輝度青色LEDの発明者)
クリスタル・ケイ
CHEMISTRY
加瀬亮
はな
聖(モデル・タレントはなの弟)
トータス松本
森且行
今井美樹
武田真治
長瀬智也
ユンソナ
黄秀一
上野樹里
黒木メイサ
夏木マリ
森本稀哲(北海道日本ハムファイターズ)
松下奈緒
新垣結衣
マリエ
ハローキティ
中田大輔
佐藤隆太
吹石一恵
佐藤江梨子
中谷美紀
多部未華子
岩沢厚治(ゆず)
ガレッジセール
千原兄弟
小出恵介
東山紀之
山田優

携帯おもしろ画像 作成編

画像の加工方法や、画像ソフトの使い方、文字入れ用ソフトの使い方を
説明しています。すべてフリーソフトでできます。
携帯用に加工する方法を説明していますが、
サイズを変えれば、パソコンでも使えます。
年賀状印刷も、オリジナル画像で。




ユニクロCM 加瀬亮 妻夫木聡



カスタム検索


スポンサーサイト


スポンサーサイト



テーマ : CM
ジャンル : テレビ・ラジオ

森高千里 サントリー アイスジン クリスマスCM ジングルベル


携帯おもしろ画像 作成編

画像の加工方法や、画像ソフトの使い方、文字入れ用ソフトの使い方を
説明しています。すべてフリーソフトでできます。
携帯用に加工する方法を説明していますが、
サイズを変えれば、パソコンでも使えます。
年賀状印刷も、オリジナル画像で。

森高千里 サントリー アイスジン クリスマスCM
ジングルベル

サントリーアイスジンのCM、クリスマスバージョンです。
森高千里さんが降ってきます。





森高千里

森高千里


引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森高 千里(もりたか ちさと、本名:江口 千里、旧姓:森高 1969年4月11日 - )は、歌手、作詞家、作曲家、ドラマー。身長161cm。血液型O型。所属事務所はアップフロントエージェンシー。愛称は「森高」、「ちーちゃん」。九州女学院(現・ルーテル学院高等学校→堀越高等学校卒業。 夫は俳優の江口洋介。一男一女の母。



デビュー前
大阪府に生まれ、幼少の時期に熊本県(両親の出身地)に移り、熊本市で育った。

芸能活動を開始する前の高校生当時、当時組んでいたバンドではドラム担当だった。ボーカルは本来得意ではなかった。

1986年、大塚製薬・ポカリスエットのCMのヒロインのオーディションに合格(グランプリ獲得)、芸能界デビュー。このポカリスエットのCMでは名前の似たコピーライター糸井重里と共演し、話題となった。

メジャーデビュー
デビュー曲『NEW SEASON』は、東宝映画『あいつに恋して』の主題歌。パーカッションを叩きながら歌うというスタイルは、当時ヒットしていた「プリンス」ファミリーのシーラ・E(Sheila E.)と同じである。デビュー当時はTVのバラエティ番組で着ぐるみをかぶったり、作詞家の作った歌と自分の性格が合わなかったり等、疑問を感じていた。しかし、初めてのライブで音楽の楽しさを知り、事務所と相談して音楽活動一本に絞った活動をしていくこととなる。

作詞の森高
森高は作詞面で注目され、独特な詞の世界と相まって森高ブランドを確立していく。初の作詞は、セカンドアルバム『ミーハー』に収録されたタイトル曲『ミーハー』。以後、ほとんど全ての曲の作詞を手がけるようになる。作詞については、「最初にインストルメンタルの曲を聞いてから歌詞をつける」スタイルであると音楽番組で語っている。当時は「ザ・ミーハー」、「怒りソング」など「とんがった」歌が多かった。森高の歌詞を聞いた吉田拓郎は、「我々ミュージシャンが、今まで何十年もの期間をかけて作り上げた詞の世界観を、森高が一瞬で破壊してしまった。」とコメントしている。

ビジュアル戦略
1989年、シングル『17才』(南沙織のヒット曲のカバー)が大ヒット。数種類のカラーのMパンツ、ミニスカートや総スパンコールの衣装と振付で話題を呼んだ。また、「森高フィギュア」なるものも登場し、コアな男性ファンも獲得する。当時はビジュアル面での営業戦略として、斬新なプロモーションビデオを販売する展開もしていた。当時所属のレコード会社が、パイオニア資本のワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)だったこともあり、秋葉原電気街ではレーザーディスク本体の店頭デモンストレーションのほとんどが森高一色と呼べるほどになった時期もある。毎年実施されていたコンサートやプロモーションビデオのほとんどがレーザーディスクとVHSで販売され、後年DVDにて再発された。

台湾や東南アジアでもアルバムが発売され(ほとんどは海賊盤)、森高の楽曲をカバーするシンガーもいた。1989年に「ミーハー」をシンガポール出身の安可立という女性アイドルがカバーしたが、この楽曲を収録したアルバムのライナーノーツには「非実力派宣言」と大きく書いてあった。

『私がオバさんになっても』(1992年)からは女性ファンの数も増え、コンサート会場で同じ衣装を作ってコスプレする女性客の姿も見られるようになった。

全国ツアー、紅白出場
女性ソロアーティストとしては初めての全都道府県ツアーを1992年と1993年に行なったが、1994年は顎関節症の為に予定されていた全国ツアーをキャンセル。2年間のコンサート休業を余儀なくされた。この病気にかかった事が発覚した際、「ミュージックステーション」への出演が予定されていたが、歌を歌うことは出来なかった。しかし、本人が番組に出演し、病気にかかったことを視聴者に報告した。

レコード大賞、歌謡大賞などの賞レースには縁が薄かったが、1992年に「今度私どこか連れていって下さいよ」(作詞:森高千里)のカバーで、事務所の後輩加藤紀子が第34回日本レコード大賞新人賞を獲得している。

紅白歌合戦には1992年「私がオバさんになっても」で初出場、以降「私の夏」「素敵な誕生日」「二人は恋人」「ララ サンシャイン」「SWEET CANDY」と6回連続出場する。なお、もともとタイアップ曲の多い森高であったが、紅白で歌った楽曲の全てがCF、民放番組主題歌等のタイアップであった。1994年のビールのCMソングであった『気分爽快』は明石家さんまが様々な番組で模倣し、話題になった。

ミュージシャンの森高
森高はミュージシャンとしての才能も高く、アルバム『ペパーランド』(高校時代よく利用したライブハウスの名前)からは各種楽器にも挑戦し(ステージではギター、キーボード、ドラム、リコーダー等披露)、他のミュージシャン作品にドラマーとして参加するなどしている(CFで夫婦役を演じた細野晴臣とのリズム・セクションは定評あり)。1990年代後半になると、作風もエッセイ風の歌詞を数多く手がけるようになる。1998年発売のアルバム「Sava Sava」では、誘惑と自制がテーマの「Two of me」、男性との恋のもどかしさを描いた「ザルで水くむ恋心」、見知らぬ人と性の誘惑に堕ちていく「危険な舗道」など、大人の男女関係を意識した歌詞がみられる。

1999年6月3日、俳優の江口洋介と入籍したが、翌日の会見時には妊娠から2週間目(急性腸炎で入院した際に偶然判明)という事も明らかにされた。

2000年2月に長女を出産し、同年4月のラジオのレギュラー番組終了で公の場での芸能活動は休業する。

最近の活動
1男1女の母である森高は、子育てを中心に雑誌の連載、ベストアルバムのレコーディングやCM出演などの活動をしている。また、2005年に発売されたテイ・トウワのアルバム『FLASH』にドラマーとして参加するなど、単発的ではあるが子育てに支障のない限りミュージシャンとしての活動も近年は行っている模様。

2007年5月、自身のヒット曲「渡良瀬橋」の歌碑が足利市に完成。また同月には日産・ラフェスタのCFソングが発表された。

ハウスジャワカレーのCMでは夫・江口洋介と共演している。



歌手デビューは1987年5月25日発売の『NEW SEASON』であるが、これはEPレコードだった(B面は『ピリオド』)。 また同年10月25日にもEPで『OVERHEAT. NIGHT』(B面:『WEEKEND BLUE』)が発売されている。

CDとレコードでリリースされたのは『GET SMILE / GOOD-BYE SEASON』からだが、当時はレコードからCDに替わる過渡期であったため、後日改めて『NEW SEASON』と『OVERHEAT. NIGHT』を合わせたシングルCDを発売した。

アルバム
NEW SEASON
ミーハー
ロマンティック (ミニアルバム)
見て
非実力派宣言
森高ランド (ベストアルバム)
古今東西
ザ・森高 (リミックスベスト)
ROCK ALIVE
ペパーランド
LUCKY 7
STEP BY STEP
DO THE BEST (ベストアルバム)
TAIYO
PEACHBERRY
今年の夏はモアベター
Sava Sava
mix age* (リミックスアルバム)
FirstMoritaka(ベストアルバム)
MY FAVORITES (ベストアルバム)



森高の曲をカバーした歌手
CDとして発表されたもののみ。

高山厳(「酔わせてよ今夜だけ」「渡良瀬橋」)
大月みやこ(「酔わせてよ今夜だけ」)
加藤紀子(「今度私どこか連れて行って下さいよ」)
城之内早苗(「酔わせてよ今夜だけ」「渡良瀬橋」)
ミニモニ。(「ロックンロール県庁所在地」)
松浦亜弥(「渡良瀬橋」)
後藤真希(「渡良瀬橋」)
CHAKA(「渡良瀬橋」)
河口恭吾(「渡良瀬橋」)
優木まおみ(「渡良瀬橋」)
リタ・クーリッジ (Rita Coolidge(「雨」)
CEYREN(「雨」)
市川由衣(「雨」)
松下萌子(「雨」)
杏里(「雨」)
仲村みう(「雨」)
Springs(「雨」)
Something ELse(「夏の日」)
安倍なつみ(「ザ・ストレス」)
丹下桜(「道」)
安達祐実(「気分爽快」)
浜田翔子(「気分爽快」)
小阪由佳(「素敵な誕生日」)
美吉田月(「雨」「休みの午後」)
李博士(「ララ サンシャイン」)
シスターラビッツ(「ロックン・オムレツ」)



ライヴビデオ
LIVE★GET SMILE 日本青年館ライヴ (1988年)
見て ~スペシャル~ ライヴ (1989年)
非実力派宣言 (1990年3月10日)
古今東西 鬼が出るか蛇が出るかツアー (1991年)
LIVE ROCK ALIVE (1993年)
Lucky 7 LIVE (1994年)
CHISATO MORITAKA 96 [DO THE BEST] AT YOKOHAMA ARENA (1996年)
MORITAKA CHISATO 1997 PEACHBERRY SHOW (1998年)

ライヴドキュメント & クリップ
chisato moritaka `Taiyo' ON & OFF (1997年)

ビデオクリップ
ザ・ミーハー (スペシャル・ミーハー・ミックス) (1988年)
ザ・ストレス (1989年)

ビデオクリップ集
見て (1988年)
17才 (1989年)
臭いものにはフタをしろ!! (1991年)
ROCK ALIVE (1992年)
気分爽快 (1994年)
Video Clips "five" (1998年)

DVD

LDとほぼ同じ内容で2000年から1年間かけて徐々に発売されているが、「見て」「ザ・ストレス」「17才」の3枚と「臭いものにはフタをしろ!!」「ROCK ALIVE」の2枚がカップリングされ、それぞれ1枚のDVDに収録されている。また、初回版に同封されていた応募券14枚を集めて応募すれば非売品DVD(「冷たい月」のプロモーションビデオ等収録)がもらえるようになっていた。

GET SMILE~日本青年館ライヴ~ -Chisato Moritaka DVD Collection no.1
見て ~スペシャル~ ライヴ in 汐留 PIT II 4.15 '89 -Chisato Moritaka DVD Collection no.2
THE THIRD LIVE VIDEO 非実力派宣言 -Chisato Moritaka DVD Collection no.3
古今東西 ~鬼が出るか蛇が出るかツアー -Chisato Moritaka DVD Collection no.4
見て/ザ・ストレス/17才 -Chisato Moritaka DVD Collection no.5
臭いものにはフタをしろ!!/ROCK ALIVE -Chisato Moritaka DVD Collection no.6
LIVE ROCK ALIVE -Chisato Moritaka DVD Collection no.7
Lucky7 LIVE -Chisato Moritaka DVD Collection no.8
気分爽快 -Chisato Moritaka DVD Collection no.9
CHISATO MORITAKA 1996 "DO THE BEST" AT YOKOHAMA ARENA -Chisato Moritaka DVD Collection no.10
'TAIYO’ON & OFF -Chisato Moritaka DVD Collection no.11
1997 PEACHBERRY SHOW -Chisato Moritaka DVD Collection no.12
FIVE -Chisato Moritaka DVD Collection no.13
CHISATO MORITAKA 1998 SAVA SAVA TOUR -Chisato Moritaka DVD Collection no.14
Chisato Moritaka DVD Collection no.15(非売品)



出演

CM
大塚製薬:ポカリスエット (1986年)
パイオニア:留守番テレフォン (ミーハー、臭いものにはフタをしろ!!) (1988年)
江崎グリコ:アーモンド・クラッシュ・ポッキー(道) (1990年)
全日空:ANA'S SUMMER沖縄(私の夏)、ANA'sラ・九州(風に吹かれて) (1993年)
アサヒビール:アサヒ生ビールZ(気分爽快、素敵な誕生日) (1994年)
サントリー:アイス・ジン(GIN GIN GIN、GIN GIN ジングルベル)、アイス・ウォッカ(Hey,VODKA!) (1995年)
明治製菓:ミルクチョコレート(ミルクチョコレートのテーマ)、Melty Kiss(銀色の夢、SNOW AGAIN) (1996- 1998年)
ローソン:ローソンへ行かなくちゃ(Let's Go!、Let's go!II、SWEET CANDY、いつもの店、ミラクルライト) (1997- 1999年)
日本生命:マイ・アニバーサリー(My・アニバーサリー、忘れかけていた夢) (1997 - 1999年)
カネボウ:SALA(電話) (1998 - 1999年)
キリンビバレッジ:ナチュラルズ(私のように) (1999年)
カネボウ:海のうるおい藻 (2001 - 2002年)
トヨタ自動車:カローラスパシオ (2001 - 2002年)
武田薬品工業:ハイシー (2004年)
ハウス食品:ジャワカレー (2004年~)
九州電力:キレイ・ライフ (渡良瀬橋) (2005年~)
ライオン:PCクリニカライオン (2006年)
日産自動車:ラフェスタ(「ラララ ラフェスタ」篇 テーマソング※楽曲提供のみ):日産自動車 (2007年5月~)
花王:ブローネ(2008年4月~)



写真集
朱夏 NEW SEASON(1987年)
りくつじゃない(1989年)
Opera(1989年)
i-Réalité(1991年)
私がオバさんになっても(1992年)
STEP BY STEP(1995年)
PEACHBERRY(1997年)



カスタム検索




スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

松たか子のCM みなさまに幸せなクリスマスが訪れますように ヤマザキ


携帯おもしろ画像 作成編

PCを使った画像加工!
携帯のサイズで説明していますが、サイズを変えれば何にでも活用できます。
今年は、オリジナルの年賀状を作ってみては。
フリーソフトのみで、オリジナル画像が作れます!



みなさまに幸せなクリスマスが訪れますように

松たか子のCM ヤマザキ

パイプオルガンの音とバックに流れる歌が、クリスマスのムードです。
パイプオルガンは、なかなか見かけないと思います。
愛媛県では、松山市北条の聖カタリナ大学の聖カタリナホールに
立派なパイプオルガンがあります。
ここは、クリスマスのイルミネーションもきれいです。





松たか子

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松 たか子(まつ たかこ、1977年6月10日 ‐ )は、日本の女優、歌手である。本名は佐橋隆子(さはし たかこ、旧姓:藤間)、日本舞踊の名取名は松本流師範・初代松本幸華(まつもと こうか)。



東京都出身。パパドゥ所属。
白百合学園中学校・高等学校(芸能活動のため転校)→堀越高等学校卒業。亜細亜大学中退。
歌舞伎俳優・9代目松本幸四郎の末っ子。兄は7代目市川染五郎、姉は松本紀保。叔父(戸籍上は大叔父)は2代目中村吉右衛門。
身長:165cm。靴のサイズ:24cm。血液型:A型。星座:ふたご座。
趣味:映画、舞台鑑賞。
特技:ピアノ。
好きな歌手:スキマスイッチ。
誕生時の体重は3,333g。
愛車はボルボ。運転中はよくエアロスミスを聴いている。



16歳だった1993年に、歌舞伎座の『人情噺文七元結』で初舞台を踏む。翌1994年にはNHK大河ドラマ『花の乱』でテレビドラマに初出演。1995年にはNHKのドラマ『藏』で主演し、以降、テレビドラマ・舞台等で女優としてのキャリアを重ねる。

1996年の『ロングバケーション』、1997年の『ラブジェネレーション』、そして2001年の『HERO』と、フジテレビ系の月9ドラマに出演、木村拓哉と共演することが多く、その度に女優としての知名度を顕著に上げていった。当初は線が細く多少地味な印象もあったが、2000年頃までには、堂々と主役を張れる演技力と貫禄を身につけていった。「梨園の血を引くサラブレッド」という表現をされることも多い。

1996年には、史上最年少の19歳で『NHK紅白歌合戦』の紅組司会に抜擢される。また、1997年には歌手としてもデビューし、2007年までにシングル20枚、アルバム12枚を発表、全国コンサートツアーも3度行っており、活動の幅を女優のみに留めていない。

歌舞伎や新派、また父松本幸四郎が主演するミュージカルに出演し、蜷川幸雄演出『ハムレット』で初めて外部の舞台を経験、以後、多くの劇作家・演出家から舞台女優としての力量を認められ、野田秀樹、串田和美の作品では主役に抜擢される。三谷幸喜の群像劇では重要な役に配役されるほか、『嵐が丘』『おはつ』などの商業演劇でも主演している。父の松本幸四郎は「野田秀樹らに演出された主演女優が、自分のミュージカルに出てくれるとは光栄だ」とおどけてコメントした。

民放のテレビドラマ出演に関しては、特番でTBS(と、兄の主演時代劇で一度だけテレビ東京にも)に出演することがある以外は、ほぼフジテレビ専属状態にある。これは所属事務所がフジとの結びつきが強いのと、松竹元会長の子息であるフジの編成制作局ゼネラルプロデューサー・永山耕三の存在があることが理由として考えられる。

テレビ朝日系のニュース番組『ニュースステーション』にゲスト出演した際、松が休憩中に喫煙をしていたことを「喫煙されるんですね」と久米宏が生本番中に指摘。ゲストとして2夜連続の出演予定だったが、翌日は出演をキャンセルした。

フジテレビ系の音楽番組『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』で、ハロウィンの仮装をしている子供を「ガキ」と発言していたように、梨園の家系のイメージとは異なる一面も見られる。

オフではシーズー4匹が「もう一人の愛する家族」。

業界曰く、『水着にならなくていいアイドルは松たか子だけ』。

2007年12月28日、ミュージシャンの佐橋佳幸との入籍を発表した。



出演

映画
東京日和(1997年、フジテレビジョン・東宝) - 水谷 役
四月物語(1998年、ロックウェルアイズ) - 楡野卯月 役
ナイン・ソウルズ(2003年、「ナイン・ソウルズ」製作委員会、豊田利晃監督) - ユキ 役
隠し剣 鬼の爪(2004年、「隠し剣 鬼の爪」製作委員会、松竹) - きえ 役
THE 有頂天ホテル(2006年、三谷幸喜監督) - 竹本ハナ 役
ブレイブ・ストーリー(2006年、劇場アニメ) - 三谷亘 役(声)
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2007年、松竹) - ミズエ 役
HERO(2007年、東宝) - 雨宮舞子 役
K-20 怪人二十面相・伝(2009年、佐藤嗣麻子監督、東宝)

テレビドラマ
花の乱(1994年、NHK) - 日野富子 役
藏(1995年、NHK) - 田乃内烈 役
ロングバケーション(1996年、フジテレビ系) - 奥沢涼子 役
秀吉(1996年、NHK) - 淀 役
古畑任三郎 第2シリーズ 第8話(1996年、フジテレビ系) - 毛利サキ 役
こんな私に誰がした(1996年、フジテレビ系) - 岩崎奈津子 役
竜馬がゆく(1997年、TBS系) - 千葉さな子 役
僕が僕であるために(1997年、フジテレビ系) - 村中宏子 役
古都の恋歌(1997年、TBS系) - 内藤桃代 役
ひとつ屋根の下2(1997年、フジテレビ系) - 望月実希 役
ラブジェネレーション(1997年、フジテレビ系) - 上杉理子 役
春燈(1997年、NHK) - 富田綾子 役
烏鯉(1998年、TBS系) - 山下薫子 役
じんべえ(1998年、フジテレビ系) - 高梨美久 役
櫂(1999年、NHK) - 富田喜和 役
今夜は営業中(1999年、日本テレビ系) - 高松かな子 役
お見合い結婚(2000年、フジテレビ系) - 中谷節子 役 単独初主演
慎吾ママドラマSP〝おっはー〟は世界を救う!(2001年、フジテレビ系) - 松たか子 役
HERO(2001年、フジテレビ系) - 雨宮舞子 役
忠臣蔵1/47(2001年、フジテレビ系) - 阿久利 役
明るいほうへ 明るいほうへ(2001年、TBS系) - 金子テル(金子みすゞ) 役 主演
27時間テレビスペシャルドラマ 東京物語(2002年、フジテレビ系) - 平山紀子 役
いつもふたりで(2003年、フジテレビ系) - 谷町瑞穂 役 主演
生放送はとまらない!(2003年、テレビ朝日系) - 松たか子 役
竜馬がゆく(2004年、テレビ東京系) - 大浦屋お慶 役
広島 昭和20年8月6日(2005年、TBS系) - 矢島志のぶ 役 主演
HEROスペシャル(2006年7月3日、フジテレビ系) - 雨宮舞子 役
役者魂!(2006年10月 - 12月、フジテレビ系) - 烏山瞳美 役 主演
坂の上の雲(2009年、NHK) - 佐久間多美 役 

バラエティー・音楽番組
FNS超テレビの祭典(1996年3月29日、フジテレビ)
ロングバケーションチームとして出場
FNS超テレビの祭典・実りの秋号(1996年10月3日、フジテレビ)
こんな私に誰がしたチームとして出場
おもいッきりイイ!!テレビ(2008年8月19日、日本テレビ)



舞台
人情噺文七元結(1993年、歌舞伎座)
小粋な幽霊 あぢさゐ(1994年、新橋演舞場)
滝の白糸 じゅんさいはん(1994年、新橋演舞場)
ラ・マンチャの男(1995年、青山劇場 / 1997年、名鉄劇場・青山劇場 / 1999年、劇場飛天・青山劇場 / 2002年、博多座・帝国劇場 / 2005年、名鉄劇場・帝国劇場/ 2008年、帝国劇場)
ハムレット(1995年、銀座セゾン劇場 / 1998年、銀座セゾン劇場他)
天涯の花(1999年、新橋演舞場)
セツアンの善人(1999年、新国立劇場 / 2001年、赤坂ACTシアター)
オケピ!(2000年、青山劇場)
VOYAGE〜船上の謝肉祭〜(2000年、シアターコクーン)
夏ホテル(2001年、PARCO劇場)
嵐が丘(2002年、新橋演舞場)
モーツァルト! (2002年、日生劇場)
NODA・MAP オイル(2003年、シアターコクーン・近鉄劇場)
おはつ(2004年、新橋演舞場)
浪人街(2004年、青山劇場)
ミス・サイゴン(2004年、帝国劇場)
コーカサスの白墨の輪(2005年、世田谷パブリックシアター)
NODA・MAP 贋作 罪と罰(2005年 - 2006年、シアターコクーン・シアターBRAVA!)
劇団☆新感線 メタル マクベス〜SHINKANSEN☆RS(2006年、青山劇場・大阪厚生年金会館大ホール・まつもと市民芸術館主ホール)
ひばり(2007年、シアターコクーン)
ロマンス(2007年、8月3日 - 9月30日、世田谷パブリックシアター)
「ラ・マンチャの男」(2008年、帝国劇場)
SISTERS(2008年、PARCO劇場・北九州芸術劇場・りゅーとぴあ・シアター・ドラマシティ)
NODA・MAP パイパー(2009年、シアターコクーン)



受賞歴
紀伊国屋演劇賞
エランドール賞(1997年) - 新人賞
第22回 報知映画賞(1997年) - 最優秀新人賞受賞
日本のニューヒロイン'97 - 第1位
第34回 ゴールデン・アロー賞(1997年) - 放送新人賞ならびに最優秀新人賞
第8回 日本映画批評家大賞(1999年) - 女優賞
第36回 ゴールデン・アロー賞(1999年) - 演劇賞
第21回 松尾芸能賞(2000年) - 新人賞
第50回 芸術選奨文部大臣新人賞 演劇部門(2000年)
第10回 橋田賞 TV部門(2002年)
第38回 紀伊國屋演劇賞(2004年1月19日) - 個人賞
第29回 報知映画賞(2004年12月1日) - 最優秀女優賞
第28回 日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(2005年)
第13回 読売演劇大賞 優秀女優賞(2005年)
第43回 ゴールデン・アロー賞(2005年) - 演劇賞
第31回 日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(2007年)
第7回 朝日舞台芸術賞(2008年)
第15回 読売演劇大賞(2008年) - 最優秀女優賞



CM
東芝 冷蔵庫・かわりばん庫
資生堂 ホワイティア
山崎製パン 新食感宣言 他多数
ロート製薬 ドリスタン 他
パナホーム
コカ・コーラ まろ茶・茶葉の功
サントリー モルツ
三菱UFJ証券
ニッケペットケア
富士通

DVD
四月物語(DVD - 1999年、映画)
東京日和(DVD - 2000年、映画)
ロングバケーション(DVD - 2001年、テレビドラマ)
HERO 第1-6巻(DVD - 2001年、テレビドラマ)
明るいほうへ 明るいほうへ(DVD - 2001年、テレビドラマ)
『夏ホテル』(DVD - 2001年、舞台)
忠臣蔵1/47(DVD - 2002年、テレビドラマ)
いつもふたりで DVD-BOX(2003年、テレビドラマ)
東京物語(テレビ版)(DVD - 2003年、テレビドラマ)
ナイン・ソウルズ(DVD - 2004年、映画)
竜馬がゆく(DVD - 2004年、テレビドラマ)
『おはつ』(DVD - 2004年、舞台)
浪人街(DVD - 2004年、舞台)
隠し剣 鬼の爪(DVD - 2006年、映画)
THE 有頂天ホテル(DVD - 2006年、映画)
『メタルマクベス』(DVD - 2006年、舞台)
涙そうそう 広島・昭和20年8月6日(DVD - 2006年、テレビドラマ)
役者魂!(DVD - 2007年、テレビドラマ)
松たか子主演『藏』(DVD - 2007年、テレビドラマ)
松たか子主演『春燈』(DVD - 2007年、テレビドラマ)
松たか子主演「櫂」(DVD - 2007年、テレビドラマ)
HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版(DVD - 2007年、テレビドラマ)

以上、Wikipediaより引用



司馬遼太郎さんの小説がドラマや、映画化されたものにも多く出演されています。
2009年度には、「坂の上の雲」がはじまります。
佐久間多美 役で出演されるようですので、応援しています。



カスタム検索




スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

PR
Rakuten
トラベル
最近の記事
プロフィール

さりゅう

Author:さりゅう
家族構成は、大学生の長女、社会人1年生の次女、小学5年生の長男と、奥さまと、ぱぱ。ネコがいなくなちゃった。
大勢いるから、いろいろ起きる我が家。
そして外でもハプニング続出...。
写真と文章で、日々を綴ります。。。

カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
お知らせ

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
楽天情報
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。