スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト



JWW  JWcad for Windows と PDF

JWcadをPDFに

JWW(JWCad for Windows)は、どんどん進化して、
現在では、Ver6.01です。

最新バージョンのダウンロードは、ここ!

窓の杜 JWW6.01

初期のバージョンでは、Dosの頃と変わらなかった、
JWWも、現在では、色付け、画像取り込み、などなど
本当に、進化して使いやすくなりました。

Cadの入っていないパソコンで、Cadの図面を見るには、
PDFが便利です。
PDFは、容量も小さく、ほとんどのパソコンにインストールされています。

ADOBEのReaderも、現在では、Ver9に進化しています。

adobe.jpg

Cadを、PDFに変換するには、クセロPDFが便利です。

クセロPDF2

具体的な使い方は、

CadをPDFに変換

PDFや、画像加工。
ファイルを自由に作りたい場合は、

簡単作成 PDF E-Book

すべて、フリーソフトを使った方法です。
さらに、画像を加工したい場合も、フリーソフトでOK!

画像加工- PCの画像を携帯で表示


最後に、画像だけ欲しい人に。。。


携帯おもしろ画像


スポンサーサイト


スポンサーサイト



テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

いすず 117クーペ

いすゞ 117クーペ

11700125117002.jpg

117クーペは、かつていすゞ自動車が生産していた、
小型スポーツクーペです。
排気量は、当初は1600ccからで、最終モデルは、2000ccでした。
昭和40年代後半の排ガス規制の中でも、DOHCエンジンを
搭載し続けた数少ないモデルです。
この排ガス規制時には、多くの車種が、DOHCエンジンを
搭載しなくなってしまいました。

11700125R-117_0005_12_thumb.jpg

横から見てもきれいです。
小説の中で、妙齢のご婦人が 117クーペに乗っているシーンを
書きたいと思いながら、書けぬままに 早20年たってしまいました。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

続きを読む



スポンサーサイト



テーマ : 独り言
ジャンル : ブログ

スピードレーサー と マッハGoGoGo  リアルな関係!

スピードレーサー

speed_1_80001.jpg

speed_3_80001.jpg

マッハGoGoGo!

aCA340020.jpg

aCA340021_20080802155042.jpg





マッハGoGOGo
1967年に竜の子プロダクションが制作し、フジテレビ系で放送された。(第1作)

アメリカでは「Speed Racer」のタイトルで放送され、人気を博した。
主題歌のメロディーは日本と同じで、英語の歌詞をのせている。

ステアリングにあるボタン

aCA340022_20080802161542.jpg

オートジャッキ
(Aボタン:下部にある特殊ジャッキ。路面を蹴ることによってジャンプすることが可能)

aCA340024.jpg

ベルトタイヤ
(Bボタン:タイヤに特殊なベルトが装着され、山岳走行(急斜面など)ができるようになる)

aCA340025_20080802161715.jpg

カッター
(Cボタン:丸鋸が車前面に出てくる。木などを切り倒しながら走行できる)

aCA340026_20080802162129.jpg

ディフェンサー
(Dボタン:座席上部のキャノピーが閉じる)

aCA340027.jpg

イブニングアイ
(Eボタン:赤外線灯 剛がかぶるヘルメットのシールドが暗視ゴーグルになる)

aCA340028.jpg

フロッガー
(Fボタン:ディフェンサーに加えて酸素ボンベより酸素が供給され水中走行を行なえる)

aCA340029_20080802162325.jpg

ギズモ号
(Gボタン:偵察用の小型飛行メカ)

aCA340032_20080802162442.jpg




2.jpg

ランボルギーニ ミウラ

1966年にデビューした、イタリアの自動車です。
グラマラスなボディーは、マッハ号にも共通するものを感じます。

マッハ号のモデルは、この車?
私は、そんなことも考えていましたが。。。

miura003.jpg

ランボルギーニ・ミウラは、ミッドシップエンジン。
対して、マッハ号は!

aCA340040.jpg

この画像でわかるように、フロントエンジン!

aCA340030.jpg

おそらく、FRだと思われます。

aCA340037.jpg



マッハGoGoGo(第1作)

原作・プロデューサー:吉田竜夫
企画:鳥海尽三
脚本:広瀬正、久米みのる、津久井丈人、草川隆
演出:九里一平、原征太郎、西岡たかし、鳥海永行、ほか
美術監督:中村光毅
音楽:越部信義
総監督:笹川ひろし
制作:吉田竜夫、タツノコプロダクション
主題歌:「マッハゴー・ゴー・ゴー」/作詞:吉田竜夫 作曲:越部信義 歌:ボーカル・ショップ

三船剛:田中雪弥(現:森功至)
覆面レーサーX:愛川欽也
志村ミチ:松尾佳子(第1話~第4話)、野村道子(第5話から)
三船大介:大宮悌二
三船アヤ:来宮良子
三船くりお:堀絢子
三平:大竹宏
サブ:富山敬
六郷警部:内海賢二



原作の吉田竜夫や総監督の笹川ひろしら主要スタッフは運転免許を所持しておらず、
自動車やレースについての深い知識がなかった。
それが逆に良い意味で荒唐無稽な設定を生み出す事になったと言われている。

主題歌は1990年代にポッカコーヒーのテレビCMに(歌詞の一部を差し替えて)
使われたことがある。

1990年代にはフォルクスワーゲンのアメリカ向けテレビCMに「Speed Racer」の
キャラクターが登場。三船剛がフォルクスワーゲン・ゴルフを運転し、
レースに優勝したり悪人を追跡したりするという内容。

全日本GT選手権およびSUPER GTのGT300クラスに、
マッハ号を模した車両(プロジェクトμ B-1 マッハ号GT320Rなど)が参戦している。
また、2005年までドライバーの桧井保孝が登録名を“三船剛”に変更して
マッハカラーのマシンに搭乗していた。相棒のドライバーは玉中哲二。

2001年、アメリカのスピードレーサーオートワーク社より
限定版スポーツカー「Mach 5 Signature Series」が100台発売された。
ベース車両はシボレー・コルベットを使用し、ボディはカーボンファイバー製。
ホイールは20x10インチの「アルミナムサンタナカスタムマッハ5」、
タイヤはYokahamaタイヤの265/35ZR20/95Y。
シートはロブスター・レッドの赤い総革で原作を再現。
また、エンジンはフロントエンジンの2WD、
ジェネラル・モーターズ(GM)製で385万馬力を誇り、
マニュアルとオートマチックの2種類を用意。
価格は高額者優先順で最高額$125,000(約1,562万円)にもなり、
eBayのオークションも掛けられた。

Mach 5 Signature Series

2008年の東京オートサロンのヨコハマタイヤブースに
実物大模型のマッハ号が製作され展示された。

yokohama001.jpg

ステアリング・パッドにボタンがない!!




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



スポンサーサイト



PR
Rakuten
トラベル
最近の記事
プロフィール

さりゅう

Author:さりゅう
家族構成は、大学生の長女、社会人1年生の次女、小学5年生の長男と、奥さまと、ぱぱ。ネコがいなくなちゃった。
大勢いるから、いろいろ起きる我が家。
そして外でもハプニング続出...。
写真と文章で、日々を綴ります。。。

カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
お知らせ

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
楽天情報
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。