スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーサイト



ユニクロ UNIQULO クリスマスCM あの人にもクリスマスを ヒートテック篇


ユニクロ UNIQULO クリスマスCM
あの人にもクリスマスを ヒートテック篇



UNIQLO ユニクロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

株式会社ユニクロは、「UNIQLO(ユニクロ)」の店・ブランド名で実用(カジュアル)衣料品の生産販売を一括して展開する日本の会社である。

本社は山口県山口市大字佐山717-1。東京本部は東京都千代田区九段北 1-13-12 北の丸スクエア。持株会社である株式会社ファーストリテイリングが東京証券取引所第一部に上場している。

開店
1984年6月、それまで山口県宇部市で「メンズショップOS」(1992年4月までに全店閉店またはユニクロに改装)の名称で男性向け衣料品を取り扱っていた小郡商事が、広島市中区袋町にユニセックスカジュアル衣料品店「ユニーク・クロージング・ウエアハウス」(UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE)を開いたのが始まり。この1号店は現在は無いが、中区袋町近くのショッピングモール、サンモールに広島サンモール店がある。ユニクロの呼称はこの店舗名の略称が元になっているが、当初略称の英文綴りはそのまま「UNI-CLO」であった。1988年、香港に現地法人を設立した際、会社登記の書類に略称の「UNI-CLO」を書き間違えて「UNI-QLO」と記入して登録してしまったことがきっかけで、そのまま英文綴りを「UNI-QLO」に変更した商標が採用されることとなった。広島への開店当初は小林克也を起用し広島ローカルでCMを打った。開店以来一貫してワインレッドをシンボルカラーとした白抜きのロゴタイプを用いているが、かつては、これと別に手をつないだ男女のシルエットをモチーフとしたシンボルマークが存在した。1991年9月、社名をファーストリテイリングに変更。

利益拡大と海外進出
元々はナショナルブランド衣料品の小売店であった。アメリカンスタイルの倉庫風の建物内にクラシックな映画ポスターや有名スターのポートレイトを展示した特徴的な店舗を全国に展開し、またいち早く中国に優良な工場を持ち低価格で調達するモデルを構築。その点ではメジャーになる前から業界筋の間で知られていた。1997年頃からアメリカの衣料品小売店であるGAP(ギャップ)をモデルとした製造型小売業(SPA)への事業転換を進め、経済の状況にマッチした低価格・高品質商品の展開、また広告代理店と提携、クリエイティブディレクターにタナカノリユキを招き、明確なメッセージを発信したことが奏功して、2001年8月期には売上、経常利益ともピークに達し、余勢を駆って英国への進出も行われた。

業績の低迷、買収による業績回復
2002年頃から、日本では在庫が急増、英国での業績も振るわず、2002年、2003年8月期と利益が大きく落ちこむ。その後、「theory(セオリー)」「ナショナルスタンダード」といった国内外のブランドの買収、ファッション雑誌との共同企画(コラボレーション)商品の開発、藤原紀香など有名タレントの起用、外部デザイナーなどとの提携などのテコ入れが行われて2004年度には業績が上向いた(現在、ロンドン支店の業績は黒字に転じている)。東アジアでは、2002年9月に中国上海市に出店し、2005年9月には香港に、そしてロッテとの合弁で韓国ソウル市にも出店した。また、2005年、靴のマルトミ(ワンゾーン)を三菱商事などから買収した。

また、1998年の長野オリンピックを始め、2002年のソルトレイクシティオリンピック、2004年のアテネオリンピックと、オリンピックの開会式や移動用の日本代表公式ユニフォームの提供、サッカーJ2ザスパ草津にも2003年から2005年までユニフォーム提供を行った。このように企業主体のボランティア活動を推進している。

2005年には、雑誌「relax」(マガジンハウス)との共同で、東京・北青山に期間限定の「セレクロ」(セレクトショップあるいはセレブの位置付け)が開設された。また、大阪心斎橋に平均価格帯を引き上げた「ユニクロプラス」も開店したが、その後プラスの名称をはずし、現在は銀座店を中心に7店舗の大型店を運営。2006年11月にはニューヨークのソーホーに世界旗艦店を出店する他、上海にもアジア旗艦店を出店し世界進出を加速する。

2005年11月に、ファーストリテイリングは衣料品の製造・小売に関する営業を会社分割(吸収分割)によりゴルフ練習場を経営していた完全子会社のサンロード株式会社(当社)に承継させ持株会社制に移行した。同日、サンロードは社名をユニクロに変更した。

2006年現在、以前にも増してブランド広報としてのCM戦略に注力しているとのことであるが、実際に昨年までに比してCM頻度が高くなっている。2006年9月期からは「UNIQLO miX」と題して世界各国の著名デザイナーを招いたコラボレーション、「デザイナーズインビテーションプロジェクト」で注目を集めている。

現在の展開状況
2006年現在、日本以外のユニクロ店舗は香港を除きほとんど赤字である。米国での戦略を練り直し巨大店舗をニューヨークのソーホーに2006年11月10日オープンさせている。

2007年4月28日ユニクロ原宿店を改装し、T-シャツ専門店「UT STORE HARAJUKU.」を新たにオープンさせた。

2007年12月14日フランス初進出となるユニクロの第1号店がオープン。この店舗は、ユニクロのブランドメッセージを伝える「コンセプトショップ」としての位置付けであり、現在準備中のパリグローバル旗艦店オープンに向けフランス出店した。



CMに出演した有名人
相沢紗世
小林克也
永瀬正敏
伊勢谷友介
寿里
ARATA
大沢たかお
イッセー尾形
須藤元気
土屋アンナ
松雪泰子
山口智子
妻夫木聡
松山ケンイチ
小池栄子
小林繁
大杉漣
桜庭和志
藤原紀香
山崎まさよし
松任谷由実
矢沢永吉
水木しげる(肩に目玉おやじを乗せて)
ピーター
辺見えみり
hyde
テリー伊藤
中村修二(高輝度青色LEDの発明者)
クリスタル・ケイ
CHEMISTRY
加瀬亮
はな
聖(モデル・タレントはなの弟)
トータス松本
森且行
今井美樹
武田真治
長瀬智也
ユンソナ
黄秀一
上野樹里
黒木メイサ
夏木マリ
森本稀哲(北海道日本ハムファイターズ)
松下奈緒
新垣結衣
マリエ
ハローキティ
中田大輔
佐藤隆太
吹石一恵
佐藤江梨子
中谷美紀
多部未華子
岩沢厚治(ゆず)
ガレッジセール
千原兄弟
小出恵介
東山紀之
山田優

携帯おもしろ画像 作成編

画像の加工方法や、画像ソフトの使い方、文字入れ用ソフトの使い方を
説明しています。すべてフリーソフトでできます。
携帯用に加工する方法を説明していますが、
サイズを変えれば、パソコンでも使えます。
年賀状印刷も、オリジナル画像で。




ユニクロCM 加瀬亮 妻夫木聡



カスタム検索


スポンサーサイト


スポンサーサイト



テーマ : CM
ジャンル : テレビ・ラジオ

ケンタッキーフライドチキン クリスマスのCM 宮沢りえchanが若い!動画付!


ケンタッキー フライドチキン クリスマスのCM

宮沢りえ

ケンタッキー・フライドチキンのクリスマスバーレル。
懐かしいCMです。
宮沢りえさんも、最近は、大人の風格があります。
かわいかったんですよね~。
今は、綺麗と形容したい女性です。



携帯おもしろ画像 作成編

画像の加工方法や、画像ソフトの使い方、文字入れ用ソフトの使い方を
説明しています。すべてフリーソフトでできます。
携帯用に加工する方法を説明していますが、
サイズを変えれば、パソコンでも使えます。
年賀状印刷も、オリジナル画像で。



宮沢りえ

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宮沢 りえ(みやざわ りえ、1973年4月6日 - )は東京都練馬区出身の日本の女優。練馬区立大泉学園中学校卒業。所属事務所はエムツー企画。

11歳の時にモデルとしてデビューし、程なく「週刊セブンティーン」(当時)の表紙モデルに抜擢。1987年に「三井のリハウス」の初代リハウスガール"白鳥麗子"役で注目を集め、トップアイドルとなる。その後、映画・舞台・テレビドラマで活躍中である。中国語では「宮澤理惠」の表記で紹介されている。

身長167cm。血液型B型。牡羊座。



1985年、 明星食品「チャルメラ」でCMデビュー。
1989年、初主演映画『ぼくらの七日間戦争』で日本アカデミー賞新人賞を受賞。小室哲哉楽曲提供による『ドリームラッシュ』で歌手デビューし、人気音楽番組『ザ・ベストテン』の最終回にランクインした(出演はなし)。カレンダーでは大胆なふんどしルックが話題を呼んだ。
1990年、『NHK紅白歌合戦』に出演、NHKホール外で自由に歌いたいとの本人の希望で、紅白初の中継出演となった。芝浦の倉庫屋上でバスタブにつかりながら『Game』を歌った姿が話題を呼んだ。
1991年発売の写真集『サンタフェ』(Santa-Fe、篠山紀信撮影)は人気絶頂時のヌード写真集で大ヒットし150万部のベストセラーとなる。東南アジアなどでは海賊版も出回った。
1992年、貴花田(当時関脇)との婚約を発表し、当時国民的な人気を誇っていた2人の交際が大きな話題となる。しかし短期間で不可解な婚約解消。
2001年、香港映画『華の愛~遊園驚夢』で第23回モスクワ国際映画祭・主演女優賞受賞。
2003年、『たそがれ清兵衛』で日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を受賞。
2005年、『父と暮らせば』で第47回ブルーリボン賞・主演女優賞受賞。
2005年、幹田卓司(宝石デザイナー)と交際中

モデル時代から同時期に活躍していた後藤久美子とは、同学年で仲が良く、ライバル関係でもあった。また、マネージャーを担当していた実母(「りえママ」)の存在が注目を集めたり、中村勘九郎(現・中村勘三郎)やビートたけし、市川海老蔵、中田英寿など数々の交際の噂が話題になった。交際の噂だけでなく、自殺未遂騒動や拒食症による激痩せなど、自身の変調を来した様子もまた話題になった。貴花田(当時)との婚約解消騒動以後は、特に拒食症の噂が絶えなくなり、アメリカに移住するなどして、一時期はほとんど芸能活動休止状態となった。

激痩せから回復してきたと見られる頃から徐々に芸能活動を再開し、2002年の『たそがれ清兵衛』で落ち着いた演技を見せ、映画の成功以降は、女優としての活動の幅が広がり、本格派女優としての評価が定着しつつある。尊敬する岡本太郎が書き綴った「生きること、死ぬこと」「夫婦愛」等の詩を朗読する活動も行っている。 オランダ人の父親とは、母親と離婚したために幼い頃から別居状態だった。テレビ朝日のワイドショーの取材で異母兄弟がいることが明かされた。



出演

映画
ぼくらの七日間戦争(1988年)
どっちにするの(1989年)
豪姫(1992年、松竹) - 豪姫役
エロティックな関係(1992年)
螢の光(1994年)
四十七人の刺客(1994年)
天守物語(1995年)
運転手の恋 The Cabbie(2000年台湾映画)
釣りバカ日誌12(2001年)
華の愛~遊園驚夢~(Peony Pavilion、2002年日本公開、2000年香港映画、ヨン・ファン(楊凡)/脚本・監督)- 主演、第23回モスクワ国際映画祭最優秀女優賞受賞
ノートルダムの鐘II(2002年) - 声の出演
うつつ(2002年) 
たそがれ清兵衛(2002年)
父と暮せば(2004年)
トニー滝谷(2005年) - 一人二役
阿修羅城の瞳(2005年) - つばき役
死者の書 The Book of the Dead(2005年) - 声の出演
花よりもなほ(2006年)
オリヲン座からの招待状(2007年)
夢のまにまに (2008年)
母しゃんの子守唄(2009年)
ゼラチンシルバーLOVE(2009年)

テレビドラマ
追いかけたいの!(1988年、フジテレビ系)
NHK大河ドラマ(NHK)
 『春日局』(1989年) - お初(常高院の少女期) 役
 『太平記』(1991年)
 『元禄繚乱』(1999年)
 『武蔵 MUSASHI』(2003年1月5日)
スワンの涙(1989年、大映テレビ・フジテレビ系)主演 - 葉月ミカ 役
悪魔をやっつけろ!(1990年、TBS系)主演
いつも誰かに恋してるッ!(1990年、フジテレビ系)主演
いつか誰かと朝帰りッ!(1990年、フジテレビ系)主演
バレンタインに何かが起こる(1991年、フジテレビ系)主演
聖夜に抱きしめて(1991年、フジテレビ系)  
東京エレベーターガール(1992年、TBS系)主演
西遊記(1993年、日本テレビ系)主演 - 三蔵法師 役
青春牡丹燈篭(1993年、NHK)
北の国から'95 秘密(1995年、フジテレビ系)
夏の一族(1995年、NHK)
聖夜の奇跡 (1995年12月23日、フジテレビ)
野坂昭如 戦争童話集「忘れてはイケナイ物語り」(1995年-1999年、NHK) - 声の出演
協奏曲(1996年、TBS系) - 榊花 役
三毛猫ホームズの黄昏ホテル(1998年2月21日、テレビ朝日系)
カミさんなんかこわくない 第4話(1998年、TBS系) - ゲスト出演
北の国から'98 時代(1998年、フジテレビ系)
ロマンス(1999年、日本テレビ系)主演  
フードファイト(2000年、日本テレビ系)
風立ちぬ(2001年、TBS系)
長崎ぶらぶら節(2001年、テレビ朝日系)
碧空のタンゴ〜東京下町、ある職人一家の終戦〜(2001年、NHK)
青き復讐の花(2002年、NHK)
明智小五郎対怪人二十面相(2002年8月27日、TBS系)
北の国から 2002 遺言(2002年、フジテレビ系)
血脈(2003年9月8日、テレビ東京)
山本周五郎生誕百周年記念番組『初蕾』(2003年12月8日、TBS系)
太閤記(2003年、フジテレビ系)
一番大切な人は誰ですか?(2004年10月13日、日本テレビ系)
夏目家の食卓(2005年1月5日、TBS系) - 夏目鏡子 役
ぶるうかなりや(2005年5月22日、WOWOW)
女の一代記(2005年11月24日、フジテレビ系) - 瀬戸内寂聴 役

舞台
ジプシー(1991年)
海神別荘(1994年)
天守物語(1994年、1996年)
ふるあめりかに袖はぬらさじ(1994年)
陽だまりの樹(1998年)
七色インコ(2000年)千里万里子役
源氏物語(2000年)紫の上役
透明人間の蒸気(2004年) 野田秀樹作・演出
ロープ(2006年-2007年) 野田秀樹作・演出
ドラクル-God Fearing Dracul(2007年)長塚圭史作・演出
人形の家 (2008年) ヘンリック・イプセン作
パイパー (2009年) 野田秀樹作

その他
FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル(1990年10月1日、フジテレビ) - 『いつか誰かと朝帰りッ』チームとして出場
とんねるずのみなさんのおかげです(フジテレビ)
24時間テレビ「愛は地球を救う」(1989年 - 1991年、日本テレビ) - チャリティーパーソナリティー
スーパークイズスペシャル(1999年3月18日、日本テレビ) - 『ロマンス』チームとして出場
イチロー×北野武 キャッチボール - ナレーション
夢の扉 ~NEXT DOOR~(2004年10月 - 2007年9月、TBS) - ナレーション
Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2006(2006年11月4日)
平井堅 28thシングル「いつか離れる日が来ても」(2008年4月23日) - ミュージック・ビデオに出演

CM
明星食品 『チャルメラ』(1985年)
不二家 『キットカット』(1985年 - 1988年)
ケンタッキーフライドチキン(1985年 - 1987年)
日本コカコーラ 『コカ・コーラ』(1986年)
資生堂(1986年、1988年、1991年、1992年、1994年、1996年-1997年、2004年 -)
三井不動産販売 『三井のリハウス』初代リハウスガール(1987年)
京セラ(1987年)
日立マクセル(1988年 - 1989年)
大塚製薬 『ポカリスエット』(1988年 - 1990年)
アメリカ屋靴店(1989年)
川崎重工業(1989年 - 1992年)
日本テレコム 『0088』(1990年)
富士通 『FM TOWNS』(1990年)
パイオニア 『セルフィー』(1991年)
カルビー 『ポテトチップス』(1991年)
新潮文庫(1991年-1992年)
ダイハツ工業 『opti』(1992年)
EDWIN(1992年)  
エースコック 『スーパーカップ』(1992年)
ボーデンジャパン(1993年)
武田薬品工業 『アリナミンV』、『アリナミンV & V』(1992年 - 1993年)
宝酒造 『タカラ缶チューハイ』「すったもんだがありました 篇」(1994年 - 1995年)
パルコ(2000年)
コーセー化粧品(2001年 - 2002年)
キリンビバレッジ(2003年)
トヨタ自動車 『vitz』(2005年 -)
「雨の昼下がり 篇」(2005年)
「パンプキン 篇」(2005年)
「パーティー 篇」(2005年)
「風に吹かれて 篇」(2006年)
「Day Tripper 篇」(2006年)
サントリー 『伊右衛門』(2004年 -)
味の素 『ほんだし』小春 役(2005年 - 2008年)
そごう 心斎橋本店開店告知(2005年)
江崎グリコ 『バンホーテン ディアカカオ』(2006年 -)
「本気のコラボ 篇」
「オランダ探訪 篇」
資生堂 『AQUALABEL』(2007年 -)
「楽しいぶんだけ 篇」
「優しくなりたいから 篇」
「弾んでる 篇」
「近づきたい 篇」
「カラダが知ってる 篇」
日立製作所 環境キャンペーン(2008年6月17日 -)
江崎グリコ『オトナノグリコ』シリーズ(2008年9月9日 -)

宮沢りえ



カスタム検索




スポンサーサイト



テーマ : CM
ジャンル : テレビ・ラジオ

ケンタッキー CM クリスマスといえばKFC


ケンタッキー フライドチキン

クリスマスのCMといえば、ケンタッキーフライドチキン
寒い日の夜に食べたくなります。



携帯おもしろ画像 作成編

画像の加工方法や、画像ソフトの使い方、文字入れ用ソフトの使い方を
説明しています。すべてフリーソフトでできます。
携帯用に加工する方法を説明していますが、
サイズを変えれば、パソコンでも使えます。
年賀状印刷も、オリジナル画像で。



ケンタッキーフライドチキン

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ケンタッキーフライドチキン(英語 : Kentucky Fried Chicken)は、フライドチキンを主力商品としたファストフードのチェーン店の名称、及びそのブランド名。 日本法人は日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社。



世界規模で展開し、世界で初めてフランチャイズビジネスを創始した。現在はペプシコーラからスピンオフしたヤム・ブランズの傘下。

日本法人は、1970年に米国法人と三菱商事の合弁で設立された。2007年に米国法人が日本法人株の大部分を三菱商事に売却したため、三菱商事の連結子会社となった。日本法人は、ヤム・ブランズからのライセンスによりピザハットも展開している。

カーネル・サンダース(本名: ハーランド・サンダース、1890年生 - 1980年没)によって1939年に考案されたフライドチキンの調理法があり、使用される調合スパイスの種類(一部公開)と調合率はごく一部の人にしか知られていない。この調理法はカーネルサンダース考案の頃から全く変わっておらず、60年以上同じ味を維持し続けている。

1991年、米国法人の正式名称が「ケンタッキーフライドチキン」から「KFC」に変更された。これはイメージ戦略の一環であり、主力商品のフライドチキンからの多角化を計り、消費者の健康志向に応えて「Fried」(揚げ物)の持つ不健康なイメージを払拭し、名称を短縮して若年層の感性にアピールするという3つの狙いがあった。なお、カナダのケベック州ではフランス語の名称の頭文字を取って「PFK」(Poulet Frit Kentuckey)と称する。フランス国内では「KFC」と称している。また、日本国内では「ケンタッキー」という略称も用いられている。

鶏肉を揚げる際、圧力釜を使用するが、これは特製であり、家庭用の圧力鍋で代用することはできない。なぜなら、日本国内で販売されているどの家庭用圧力鍋でも、それをフライに使用する行為は、その製品に付属の取扱説明書で禁止されているためである(理由の詳細は圧力釜の項を参照)。



KFC店舗前に据えられているカーネル・サンダースの等身大人形を立像という。フライドチキンそのものに馴染みのなかった日本において、ケンタッキーの店舗をアピールする目的で発案され、現在ほとんどの店舗前に置かれている。日本国外のケンタッキーフライドチキンでは一部アジア地域に存在する。そのため本国のアメリカではサンダース立像はあまり知られておらず、日本を訪れたアメリカ人には興味深いディスプレイとなっている。かけている眼鏡は福井県鯖江市で製造されており、度が入っている。

カーネル


日本ケンタッキーフライドチキン

1970年3月 - 日本万国博覧会でKFCインターナショナルの実験店を出店。 1970年7月4日 - 三菱商事(株)とKFCコーポレーションの出資により日本ケンタッキー・フライド・チキン(株)を設立。 1970年11月21日 - 1号店(名西店)が名古屋市のダイヤモンドシティ・名西ショッピングセンター内にオープンする。
1971年 - 半年で1号店である名西店が閉店する。
1974年 - 鶏の供養祭を開催。以後毎年の恒例行事となる。
1991年5月 - ピザハット事業部新設。
2006年6月1日 - 埼玉県戸田市(イオン北戸田SC内)にケンタッキーフライドチキン商品とピザハット商品を同一店舗内で提供する複合店、『2in1』の1号店を開店。
2006年12月3日 - 神奈川県横浜市クイーンズスクエア横浜at!2ndへ新BI店舗開店。
2007年12月7日 - 三菱商事の株式公開買付が終了。米国法人保有株を三菱商事が買収。



その他

キャッチフレーズは「It's finger lickin' good.」。1970年代のテレビCMでは「指まで舐めちゃうおいしさです」と訳されていた。

毎年6月にニワトリの供養(ブロイラー感謝祭)を行っている(2006年7月5日放送フジテレビ系トリビアの泉より)。

KFC日本進出当初は、アメリカ産のチキンを使用していたが、この時にアメリカで人気のないダークミート(下半身の肉、サイ、ドラム)を日本に送って使用していた。これが日本人の好みに合い、店舗数を急増させたとも言われている。なお、現在は日本国産チキンを使用しているため、仕入れ段階での部位の偏りはない。

KFCでは、揚げ油に保存性の良いショートニングを使用してきた。ショートニングに多く含まれるトランス脂肪酸は人体に有害であるという世論の高まりから、KFC社は米国などで消費者団体から提訴されており、2006年10月30日、米国本社は2007年4月までに北米でのショートニングの使用を取りやめると発表した。米国本社でさまざまな代替品を検討した結果、遺伝子組み換えの低リノール酸大豆油が本来の味覚にもっとも近いということで採用される見通しである。なお、日本KFCでも独自に昨年からトランス脂肪酸の少ない食用油への切り替えを進めている。今後日本において米国と同じになるかどうかは不明である(日本においては、ショートニングよりも、遺伝子組み換え大豆への抵抗が大きいため、同等品が採用される見込みは低い)。

アメリカにはKFCの食べ放題を展開している店舗がある。店舗により多少違いはあるが値段は7ドル程度である。オーストラリアでも一部に10ドル程度で実施している店舗がある。日本でも一時期実験的に数店舗で行われていた時期があるが、現在では大阪府箕面市の小野原店のみが行っている。その小野原店でも店内改装とともにバイキングの規模が縮小され、コールスロー、ビスケットの食べ放題を廃止している。なお小野原店でのみパスタや米飯なども用意されている。

一時、味付けの秘密は、11種類のハーブとスパイスによるものとCMなどで説明されていた。これに対してジャーナリストのウィリアム・パウンドストーンは調査を行い、自署「BIG SECRETS」の中でその時点においてはハーブは含まれておらず、調味料は塩と黒コショウとグルタミン酸ソーダだけであったとの結論を導いている。

2007年3月、中国北京市内の店で販売されていたチキンから発癌性の疑いが強いスーダンレッドが検出され、一部商品の製造販売が中止された。これは、スーダンレッドがチキンの味付けに用いられていたチリペッパーの着色料として使われていたことに原因があり、中国国内の店舗網だけの問題であった(ケンタッキーだけを狙い撃ちした措置ではなく、同じ製造元の唐辛子を利用していた数十社の業者にも製造中止等の措置が行われている)。

2007年5月31日 東京都内と茨城県内の2店舗でコールスローにガラス片が混入し、客が負傷していたことが判明。この日より該当228店舗で関連商品の販売を数日間取り止めた。

2007年12月5日、元アルバイト店員の少年が、自身のmixi日記上で「店内でゴキブリを揚げた」と書いたことが発覚し、インターネットで騒動になった。発端の日記は吉野家店員による「テラ豚丼」動画騒動の関係者が処分された報道を受け書かれたものと考えられたが、同様の記述がそれ以前にもあった。同日にITmedia、産経新聞等のメディアで上記のゴキブリ事件が取り上げられ、Yahoo!ニュースTOPページにも掲載された。同月6日、日本KFCは「5日夜に本人が保護者、学校関係者同伴で『いたずらで嘘を書いた』と謝罪に来たので、よって事実無根」と発表した。しかし日本KFCでは、「それに対する検証や衛生検査は一切行わない」と発表していることから消費者からは疑問の声が上がった。騒動の原因となった元アルバイト店員の少年は、社会的責任を取り高校を自主退学している。



カスタム検索




スポンサーサイト



テーマ : CM
ジャンル : テレビ・ラジオ

クリスマス エクスプレス JR東海


クリスマス エクスプレス JR東海

クリスマスシーズンに楽しませてくれたCMです。

1900年前後の頃です。
出演されているかたも、みんなかわいい。

山下達郎さんの、クリスマス・イブが流れるなかで、
それぞれのドラマを演じています。

深津絵里
1988 深津絵里

牧瀬里穂
1989 牧瀬里穂

高橋理奈
1990 高橋理奈

溝口美保
1991 溝淵美保

吉本多香美
1992 吉本多香美



携帯おもしろ画像 作成編

画像の加工方法や、画像ソフトの使い方、文字入れ用ソフトの使い方を
説明しています。すべてフリーソフトでできます。
携帯用に加工する方法を説明していますが、
サイズを変えれば、パソコンでも使えます。
年賀状印刷も、オリジナル画像で。


東海旅客鉄道
JR東海

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東海旅客鉄道株式会社(とうかいりょかくてつどう、英称:Central Japan Railway Company)は、1987年(昭和62年)に日本国有鉄道から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つである。略称はJR東海(ジェイアールとうかい)、英語略称はJR Central。コーポレートカラーはオレンジ色。

東海道新幹線を軸として東海・甲信・近畿地方および神奈川県の一部に路線を持つ。日本の鉄道の大動脈である東海道新幹線を運営することから東京・大阪にも本社及び営業拠点がある。2007年現在の代表取締役会長は葛西敬之、代表取締役社長は松本正之。

社歌は井上大輔の「君をのせて」が長年使われてきたが、2007年にJR発足20年を記念してこれに代わる新しい社歌が制定された。



営業エリアは東海道新幹線および東海地方の在来線であり、営業キロ数は四国旅客鉄道(JR四国)に次いで短い。全収益のうち約85%を東海道新幹線が占めており、在来線の運輸収入は東海道新幹線の1割にも満たない。全収益に占める割合・設立経緯に加え、本社があり人口の多い名古屋近郊地域(愛知県、岐阜県、三重県)ではマイカー普及率が全国でも上位クラスにあるのに加え、並行私鉄(名古屋鉄道、近畿日本鉄道)との競合や、優等列車はその多くがJR他社に直通しなければならないことから、在来線に関しては採算のとりにくい環境にある。新幹線に関しても、首都圏や関西圏など在来線基準でJR他社エリアに属する地域も経由するため、品川駅などの新駅建設などの際は自由に身動きが取れないことも多い。

2005年7月29日までに独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構保有の224万株のうち約195万株が一般市場に売却された。そして2006年4月5日、同機構保有の全株(28万6071株)が1株115万円(総額約3289億円)でJR東海に売却され、上場している本州JR3社の東日本旅客鉄道(JR東日本)・西日本旅客鉄道(JR西日本)に続いてJR東海も「完全民営化」を達成した。

1987年の分割民営化当初に承継した3,191億円の長期債務に加え、1991年に新幹線鉄道保有機構から買い取った5兆900億円の債務返済が重要な経営課題となっている。また、会社経営の根幹になっている東海道新幹線も開業から40年以上経っており、老朽化した施設・設備の大規模な改修工事に備える一方、かねてから予想されている最大のリスク要因である東海地震に対しての耐震性補強工事も進めなければならず、長期債務返済と合わせた重要な経営課題となっている。

続いて2007年12月25日に首都圏 - 中京圏間のリニアモーターカー式の中央新幹線を全額自己負担で建設することを発表した。路線距離は約290km、総事業費は約5.1兆円、具体的な資金調達方法は未定とされたが、試算では開業8年目には2007年度と同水準の長期債務残高に戻り、自力で建設しても財務の健全性に問題ないとされている。ただし、地元の要望で建設される途中駅については、地元に建設費用の負担を求めるものとされた。全額自己負担での建設が実現した場合、民間企業が独力で開業する初の新幹線となる。今後は実用化・建設にあたって全国新幹線鉄道整備法に則る方向で打ち出している。

リニアについては会社発足当初から、鉄道総合技術研究所と共同でジェイアール式マグレブ(磁気浮上式鉄道)の実験などを行っており、2005年3月25日から9月25日まで開催された「2005年日本国際博覧会(愛・地球博)」に、関連技術を含めて紹介するパビリオン「JR東海 超電導リニア館」を出展した。

東名阪の大動脈にして日本経済を動かす東海道新幹線を経営していることから、日本の鉄道事業者の中では文系・理系とともにトップクラスの就職人気の高い企業となっている。リクルートが2009年新卒者向けに行なった「就職したい企業」アンケートでは、JR東海は4位にランクインしている。

2006年度の旅客運輸収入は1兆1,470億円で、うち32.5%がJR東日本、22.3%がJR西日本の窓口(旅行代理店含む)で発売されたものである。JR各社間の取り決めでは、自社区間の乗車券類を他社の窓口で売った場合、発売額の5%を手数料として支払うことになっており、JR東海は年間約300億円の手数料をJR他社に支払っている。JR東日本が大多数の駅を抱えている首都圏と、JR西日本が大多数の駅を抱えている京阪神圏を結んでいる東海道新幹線で会員制の新幹線予約サービス「エクスプレス予約」の利用を促進する背景には、こうした事情もある。

その一方、これまで不仲が囁かれてきたJR東日本・JR西日本との関係改善の兆しと評価し得る動きも出ており、まず2005年12月より「エクスプレス予約」が山陽新幹線区間の新神戸まで暫定的に拡大され、さらに2006年7月22日より東海道・山陽新幹線の全区間に拡大されたことが挙げられる。またJR東日本とJR東海は首都圏から北陸地方への旅客輸送で競合関係にあり、今まで北陸への旅行プロモーションで協力することは皆無だったが、2006年3月よりJR本州3社のタイアップ企画「Japanese Beauty ホクリク キャンペーン」が開始され、JR西日本が発売している「金沢・加賀ぐるりんパス」についてJR東海も名古屋・米原発の発売を行うこととしたのも大きな変化である。

続いて2006年11月から名古屋圏で導入したIC乗車カード「TOICA」(トイカ)を、2008年3月29日にJR東日本の「Suica」・JR西日本の「ICOCA」と相互利用可能とすると発表した。特にJR東日本の「モバイルSuica」で東海道新幹線のエクスプレス予約も利用できる(JR東海エクスプレス・カードへの入会またはビューカードでの支払いが可能なエクスプレス予約特約会員への入会が必要)など、利用客の利便性向上の観点からJR東日本との協力関係を拡大させる傾向も見受けられる。またJR西日本とは、発足当時から東海道新幹線と山陽新幹線で一体的な運行を行っていることからか、前述の「エクスプレス予約」拡大のほか、700系以降の新幹線車両の共同開発、東海 - 中国・九州地区との新幹線割引券(のぞみ早特往復きっぷ)の発売など、協業の度合いが強まっている。JR西日本とは寝台電車(285系)も共同開発している(JR東海は寝台車両を保有・運行しているが、JR旅客6社の中では唯一、寝台列車の車掌業務(いわゆる夜勤)を担当していない。「サンライズ瀬戸・出雲」はJR西日本、「はやぶさ・富士」は本州区間(東京 - 下関)をJR西日本、下関から先を九州旅客鉄道(JR九州)が担当している)。

駅業務の委託・簡易委託は他のJR各社と同様に行われているが、地方自治体を通じて子会社の東海交通事業に再委託されている駅もある。この場合、窓口にマルス端末が設置され、JR各社のすべての列車の指定券も購入できるようになっているが「みどりの窓口」の表示はない。一部の企画乗車券発売や払い戻し・クレジットカードは取り扱っていないが「みどりの窓口」とほぼ同等の機能を有しており、利用者の便宜が図られている。

ちなみに「みどりの窓口」におけるクレジットカードの取り扱いはJR旅客6社の中で最後まで遅れ、「JRカード」(JR旅客6社とクレジット会社の提携カード)および「JR東海エクスプレス・カード」を除いた主要ブランドの一般クレジットカードの取り扱いを開始したのは2004年4月1日からである。それまでは長距離乗車券類や定期券などの高額商品を一般のクレジットカードで購入できない状況が長い間続いていた。

その他の事業では、1999年に開業した名古屋駅直上のJRセントラルタワーズが代表的である。「世界一高い駅ビル」としてギネス・ワールド・レコーズにも掲載された。名古屋マリオットアソシアホテル・ジェイアール名古屋タカシマヤ・オフィスが入居する超高層ビルで、名古屋のランドマークとなっている。近年では須田寛(元社長、現相談役)の提唱による鉄道博物館の計画も発表され、2008年4月15日の記者会見で松本社長は名古屋港の金城ふ頭に2011年度の完成をめざし建設することを決めた。

かつての同社のコマーシャル「クリスマスエクスプレス」(1988年 - 1992年、2000年放映)は21世紀初頭の現在でもテレビ番組等でしばしば取り上げられ、1993年からは「そうだ 京都、行こう。」をキャッチフレーズに据えた、新幹線による京都観光キャンペーンのコマーシャルを放映開始した。2006年からは、奈良観光キャンペーン「うまし うるわし 奈良」も加わった。

また、2008年に日本車輌製造を株式公開買い付け (TOB) によって連結子会社化した。この背景にはリニア開発の体制を固める狙いがある。

JR東海001


CM
クリスマス・エクスプレス
シンデレラ・エクスプレス
アリスのエクスプレス
プレイバック・エクスプレス
ハックルベリー・エクスプレス
ホームタウン・エクスプレス
マイコのエクスプレス
ファイト・エクスプレス
リニア・エクスプレス
東京プラスワン
そうだ 京都、行こう。
AMBITIOUS JAPAN!(2003年) - TOKIO
うまし うるわし 奈良
トーキョーブックマーク
Eco出張



カスタム検索




スポンサーサイト



テーマ : CM
ジャンル : テレビ・ラジオ

森高千里 サントリー アイスジン クリスマスCM ジングルベル


携帯おもしろ画像 作成編

画像の加工方法や、画像ソフトの使い方、文字入れ用ソフトの使い方を
説明しています。すべてフリーソフトでできます。
携帯用に加工する方法を説明していますが、
サイズを変えれば、パソコンでも使えます。
年賀状印刷も、オリジナル画像で。

森高千里 サントリー アイスジン クリスマスCM
ジングルベル

サントリーアイスジンのCM、クリスマスバージョンです。
森高千里さんが降ってきます。





森高千里

森高千里


引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森高 千里(もりたか ちさと、本名:江口 千里、旧姓:森高 1969年4月11日 - )は、歌手、作詞家、作曲家、ドラマー。身長161cm。血液型O型。所属事務所はアップフロントエージェンシー。愛称は「森高」、「ちーちゃん」。九州女学院(現・ルーテル学院高等学校→堀越高等学校卒業。 夫は俳優の江口洋介。一男一女の母。



デビュー前
大阪府に生まれ、幼少の時期に熊本県(両親の出身地)に移り、熊本市で育った。

芸能活動を開始する前の高校生当時、当時組んでいたバンドではドラム担当だった。ボーカルは本来得意ではなかった。

1986年、大塚製薬・ポカリスエットのCMのヒロインのオーディションに合格(グランプリ獲得)、芸能界デビュー。このポカリスエットのCMでは名前の似たコピーライター糸井重里と共演し、話題となった。

メジャーデビュー
デビュー曲『NEW SEASON』は、東宝映画『あいつに恋して』の主題歌。パーカッションを叩きながら歌うというスタイルは、当時ヒットしていた「プリンス」ファミリーのシーラ・E(Sheila E.)と同じである。デビュー当時はTVのバラエティ番組で着ぐるみをかぶったり、作詞家の作った歌と自分の性格が合わなかったり等、疑問を感じていた。しかし、初めてのライブで音楽の楽しさを知り、事務所と相談して音楽活動一本に絞った活動をしていくこととなる。

作詞の森高
森高は作詞面で注目され、独特な詞の世界と相まって森高ブランドを確立していく。初の作詞は、セカンドアルバム『ミーハー』に収録されたタイトル曲『ミーハー』。以後、ほとんど全ての曲の作詞を手がけるようになる。作詞については、「最初にインストルメンタルの曲を聞いてから歌詞をつける」スタイルであると音楽番組で語っている。当時は「ザ・ミーハー」、「怒りソング」など「とんがった」歌が多かった。森高の歌詞を聞いた吉田拓郎は、「我々ミュージシャンが、今まで何十年もの期間をかけて作り上げた詞の世界観を、森高が一瞬で破壊してしまった。」とコメントしている。

ビジュアル戦略
1989年、シングル『17才』(南沙織のヒット曲のカバー)が大ヒット。数種類のカラーのMパンツ、ミニスカートや総スパンコールの衣装と振付で話題を呼んだ。また、「森高フィギュア」なるものも登場し、コアな男性ファンも獲得する。当時はビジュアル面での営業戦略として、斬新なプロモーションビデオを販売する展開もしていた。当時所属のレコード会社が、パイオニア資本のワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)だったこともあり、秋葉原電気街ではレーザーディスク本体の店頭デモンストレーションのほとんどが森高一色と呼べるほどになった時期もある。毎年実施されていたコンサートやプロモーションビデオのほとんどがレーザーディスクとVHSで販売され、後年DVDにて再発された。

台湾や東南アジアでもアルバムが発売され(ほとんどは海賊盤)、森高の楽曲をカバーするシンガーもいた。1989年に「ミーハー」をシンガポール出身の安可立という女性アイドルがカバーしたが、この楽曲を収録したアルバムのライナーノーツには「非実力派宣言」と大きく書いてあった。

『私がオバさんになっても』(1992年)からは女性ファンの数も増え、コンサート会場で同じ衣装を作ってコスプレする女性客の姿も見られるようになった。

全国ツアー、紅白出場
女性ソロアーティストとしては初めての全都道府県ツアーを1992年と1993年に行なったが、1994年は顎関節症の為に予定されていた全国ツアーをキャンセル。2年間のコンサート休業を余儀なくされた。この病気にかかった事が発覚した際、「ミュージックステーション」への出演が予定されていたが、歌を歌うことは出来なかった。しかし、本人が番組に出演し、病気にかかったことを視聴者に報告した。

レコード大賞、歌謡大賞などの賞レースには縁が薄かったが、1992年に「今度私どこか連れていって下さいよ」(作詞:森高千里)のカバーで、事務所の後輩加藤紀子が第34回日本レコード大賞新人賞を獲得している。

紅白歌合戦には1992年「私がオバさんになっても」で初出場、以降「私の夏」「素敵な誕生日」「二人は恋人」「ララ サンシャイン」「SWEET CANDY」と6回連続出場する。なお、もともとタイアップ曲の多い森高であったが、紅白で歌った楽曲の全てがCF、民放番組主題歌等のタイアップであった。1994年のビールのCMソングであった『気分爽快』は明石家さんまが様々な番組で模倣し、話題になった。

ミュージシャンの森高
森高はミュージシャンとしての才能も高く、アルバム『ペパーランド』(高校時代よく利用したライブハウスの名前)からは各種楽器にも挑戦し(ステージではギター、キーボード、ドラム、リコーダー等披露)、他のミュージシャン作品にドラマーとして参加するなどしている(CFで夫婦役を演じた細野晴臣とのリズム・セクションは定評あり)。1990年代後半になると、作風もエッセイ風の歌詞を数多く手がけるようになる。1998年発売のアルバム「Sava Sava」では、誘惑と自制がテーマの「Two of me」、男性との恋のもどかしさを描いた「ザルで水くむ恋心」、見知らぬ人と性の誘惑に堕ちていく「危険な舗道」など、大人の男女関係を意識した歌詞がみられる。

1999年6月3日、俳優の江口洋介と入籍したが、翌日の会見時には妊娠から2週間目(急性腸炎で入院した際に偶然判明)という事も明らかにされた。

2000年2月に長女を出産し、同年4月のラジオのレギュラー番組終了で公の場での芸能活動は休業する。

最近の活動
1男1女の母である森高は、子育てを中心に雑誌の連載、ベストアルバムのレコーディングやCM出演などの活動をしている。また、2005年に発売されたテイ・トウワのアルバム『FLASH』にドラマーとして参加するなど、単発的ではあるが子育てに支障のない限りミュージシャンとしての活動も近年は行っている模様。

2007年5月、自身のヒット曲「渡良瀬橋」の歌碑が足利市に完成。また同月には日産・ラフェスタのCFソングが発表された。

ハウスジャワカレーのCMでは夫・江口洋介と共演している。



歌手デビューは1987年5月25日発売の『NEW SEASON』であるが、これはEPレコードだった(B面は『ピリオド』)。 また同年10月25日にもEPで『OVERHEAT. NIGHT』(B面:『WEEKEND BLUE』)が発売されている。

CDとレコードでリリースされたのは『GET SMILE / GOOD-BYE SEASON』からだが、当時はレコードからCDに替わる過渡期であったため、後日改めて『NEW SEASON』と『OVERHEAT. NIGHT』を合わせたシングルCDを発売した。

アルバム
NEW SEASON
ミーハー
ロマンティック (ミニアルバム)
見て
非実力派宣言
森高ランド (ベストアルバム)
古今東西
ザ・森高 (リミックスベスト)
ROCK ALIVE
ペパーランド
LUCKY 7
STEP BY STEP
DO THE BEST (ベストアルバム)
TAIYO
PEACHBERRY
今年の夏はモアベター
Sava Sava
mix age* (リミックスアルバム)
FirstMoritaka(ベストアルバム)
MY FAVORITES (ベストアルバム)



森高の曲をカバーした歌手
CDとして発表されたもののみ。

高山厳(「酔わせてよ今夜だけ」「渡良瀬橋」)
大月みやこ(「酔わせてよ今夜だけ」)
加藤紀子(「今度私どこか連れて行って下さいよ」)
城之内早苗(「酔わせてよ今夜だけ」「渡良瀬橋」)
ミニモニ。(「ロックンロール県庁所在地」)
松浦亜弥(「渡良瀬橋」)
後藤真希(「渡良瀬橋」)
CHAKA(「渡良瀬橋」)
河口恭吾(「渡良瀬橋」)
優木まおみ(「渡良瀬橋」)
リタ・クーリッジ (Rita Coolidge(「雨」)
CEYREN(「雨」)
市川由衣(「雨」)
松下萌子(「雨」)
杏里(「雨」)
仲村みう(「雨」)
Springs(「雨」)
Something ELse(「夏の日」)
安倍なつみ(「ザ・ストレス」)
丹下桜(「道」)
安達祐実(「気分爽快」)
浜田翔子(「気分爽快」)
小阪由佳(「素敵な誕生日」)
美吉田月(「雨」「休みの午後」)
李博士(「ララ サンシャイン」)
シスターラビッツ(「ロックン・オムレツ」)



ライヴビデオ
LIVE★GET SMILE 日本青年館ライヴ (1988年)
見て ~スペシャル~ ライヴ (1989年)
非実力派宣言 (1990年3月10日)
古今東西 鬼が出るか蛇が出るかツアー (1991年)
LIVE ROCK ALIVE (1993年)
Lucky 7 LIVE (1994年)
CHISATO MORITAKA 96 [DO THE BEST] AT YOKOHAMA ARENA (1996年)
MORITAKA CHISATO 1997 PEACHBERRY SHOW (1998年)

ライヴドキュメント & クリップ
chisato moritaka `Taiyo' ON & OFF (1997年)

ビデオクリップ
ザ・ミーハー (スペシャル・ミーハー・ミックス) (1988年)
ザ・ストレス (1989年)

ビデオクリップ集
見て (1988年)
17才 (1989年)
臭いものにはフタをしろ!! (1991年)
ROCK ALIVE (1992年)
気分爽快 (1994年)
Video Clips "five" (1998年)

DVD

LDとほぼ同じ内容で2000年から1年間かけて徐々に発売されているが、「見て」「ザ・ストレス」「17才」の3枚と「臭いものにはフタをしろ!!」「ROCK ALIVE」の2枚がカップリングされ、それぞれ1枚のDVDに収録されている。また、初回版に同封されていた応募券14枚を集めて応募すれば非売品DVD(「冷たい月」のプロモーションビデオ等収録)がもらえるようになっていた。

GET SMILE~日本青年館ライヴ~ -Chisato Moritaka DVD Collection no.1
見て ~スペシャル~ ライヴ in 汐留 PIT II 4.15 '89 -Chisato Moritaka DVD Collection no.2
THE THIRD LIVE VIDEO 非実力派宣言 -Chisato Moritaka DVD Collection no.3
古今東西 ~鬼が出るか蛇が出るかツアー -Chisato Moritaka DVD Collection no.4
見て/ザ・ストレス/17才 -Chisato Moritaka DVD Collection no.5
臭いものにはフタをしろ!!/ROCK ALIVE -Chisato Moritaka DVD Collection no.6
LIVE ROCK ALIVE -Chisato Moritaka DVD Collection no.7
Lucky7 LIVE -Chisato Moritaka DVD Collection no.8
気分爽快 -Chisato Moritaka DVD Collection no.9
CHISATO MORITAKA 1996 "DO THE BEST" AT YOKOHAMA ARENA -Chisato Moritaka DVD Collection no.10
'TAIYO’ON & OFF -Chisato Moritaka DVD Collection no.11
1997 PEACHBERRY SHOW -Chisato Moritaka DVD Collection no.12
FIVE -Chisato Moritaka DVD Collection no.13
CHISATO MORITAKA 1998 SAVA SAVA TOUR -Chisato Moritaka DVD Collection no.14
Chisato Moritaka DVD Collection no.15(非売品)



出演

CM
大塚製薬:ポカリスエット (1986年)
パイオニア:留守番テレフォン (ミーハー、臭いものにはフタをしろ!!) (1988年)
江崎グリコ:アーモンド・クラッシュ・ポッキー(道) (1990年)
全日空:ANA'S SUMMER沖縄(私の夏)、ANA'sラ・九州(風に吹かれて) (1993年)
アサヒビール:アサヒ生ビールZ(気分爽快、素敵な誕生日) (1994年)
サントリー:アイス・ジン(GIN GIN GIN、GIN GIN ジングルベル)、アイス・ウォッカ(Hey,VODKA!) (1995年)
明治製菓:ミルクチョコレート(ミルクチョコレートのテーマ)、Melty Kiss(銀色の夢、SNOW AGAIN) (1996- 1998年)
ローソン:ローソンへ行かなくちゃ(Let's Go!、Let's go!II、SWEET CANDY、いつもの店、ミラクルライト) (1997- 1999年)
日本生命:マイ・アニバーサリー(My・アニバーサリー、忘れかけていた夢) (1997 - 1999年)
カネボウ:SALA(電話) (1998 - 1999年)
キリンビバレッジ:ナチュラルズ(私のように) (1999年)
カネボウ:海のうるおい藻 (2001 - 2002年)
トヨタ自動車:カローラスパシオ (2001 - 2002年)
武田薬品工業:ハイシー (2004年)
ハウス食品:ジャワカレー (2004年~)
九州電力:キレイ・ライフ (渡良瀬橋) (2005年~)
ライオン:PCクリニカライオン (2006年)
日産自動車:ラフェスタ(「ラララ ラフェスタ」篇 テーマソング※楽曲提供のみ):日産自動車 (2007年5月~)
花王:ブローネ(2008年4月~)



写真集
朱夏 NEW SEASON(1987年)
りくつじゃない(1989年)
Opera(1989年)
i-Réalité(1991年)
私がオバさんになっても(1992年)
STEP BY STEP(1995年)
PEACHBERRY(1997年)



カスタム検索




スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

松たか子のCM みなさまに幸せなクリスマスが訪れますように ヤマザキ


携帯おもしろ画像 作成編

PCを使った画像加工!
携帯のサイズで説明していますが、サイズを変えれば何にでも活用できます。
今年は、オリジナルの年賀状を作ってみては。
フリーソフトのみで、オリジナル画像が作れます!



みなさまに幸せなクリスマスが訪れますように

松たか子のCM ヤマザキ

パイプオルガンの音とバックに流れる歌が、クリスマスのムードです。
パイプオルガンは、なかなか見かけないと思います。
愛媛県では、松山市北条の聖カタリナ大学の聖カタリナホールに
立派なパイプオルガンがあります。
ここは、クリスマスのイルミネーションもきれいです。





松たか子

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松 たか子(まつ たかこ、1977年6月10日 ‐ )は、日本の女優、歌手である。本名は佐橋隆子(さはし たかこ、旧姓:藤間)、日本舞踊の名取名は松本流師範・初代松本幸華(まつもと こうか)。



東京都出身。パパドゥ所属。
白百合学園中学校・高等学校(芸能活動のため転校)→堀越高等学校卒業。亜細亜大学中退。
歌舞伎俳優・9代目松本幸四郎の末っ子。兄は7代目市川染五郎、姉は松本紀保。叔父(戸籍上は大叔父)は2代目中村吉右衛門。
身長:165cm。靴のサイズ:24cm。血液型:A型。星座:ふたご座。
趣味:映画、舞台鑑賞。
特技:ピアノ。
好きな歌手:スキマスイッチ。
誕生時の体重は3,333g。
愛車はボルボ。運転中はよくエアロスミスを聴いている。



16歳だった1993年に、歌舞伎座の『人情噺文七元結』で初舞台を踏む。翌1994年にはNHK大河ドラマ『花の乱』でテレビドラマに初出演。1995年にはNHKのドラマ『藏』で主演し、以降、テレビドラマ・舞台等で女優としてのキャリアを重ねる。

1996年の『ロングバケーション』、1997年の『ラブジェネレーション』、そして2001年の『HERO』と、フジテレビ系の月9ドラマに出演、木村拓哉と共演することが多く、その度に女優としての知名度を顕著に上げていった。当初は線が細く多少地味な印象もあったが、2000年頃までには、堂々と主役を張れる演技力と貫禄を身につけていった。「梨園の血を引くサラブレッド」という表現をされることも多い。

1996年には、史上最年少の19歳で『NHK紅白歌合戦』の紅組司会に抜擢される。また、1997年には歌手としてもデビューし、2007年までにシングル20枚、アルバム12枚を発表、全国コンサートツアーも3度行っており、活動の幅を女優のみに留めていない。

歌舞伎や新派、また父松本幸四郎が主演するミュージカルに出演し、蜷川幸雄演出『ハムレット』で初めて外部の舞台を経験、以後、多くの劇作家・演出家から舞台女優としての力量を認められ、野田秀樹、串田和美の作品では主役に抜擢される。三谷幸喜の群像劇では重要な役に配役されるほか、『嵐が丘』『おはつ』などの商業演劇でも主演している。父の松本幸四郎は「野田秀樹らに演出された主演女優が、自分のミュージカルに出てくれるとは光栄だ」とおどけてコメントした。

民放のテレビドラマ出演に関しては、特番でTBS(と、兄の主演時代劇で一度だけテレビ東京にも)に出演することがある以外は、ほぼフジテレビ専属状態にある。これは所属事務所がフジとの結びつきが強いのと、松竹元会長の子息であるフジの編成制作局ゼネラルプロデューサー・永山耕三の存在があることが理由として考えられる。

テレビ朝日系のニュース番組『ニュースステーション』にゲスト出演した際、松が休憩中に喫煙をしていたことを「喫煙されるんですね」と久米宏が生本番中に指摘。ゲストとして2夜連続の出演予定だったが、翌日は出演をキャンセルした。

フジテレビ系の音楽番組『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』で、ハロウィンの仮装をしている子供を「ガキ」と発言していたように、梨園の家系のイメージとは異なる一面も見られる。

オフではシーズー4匹が「もう一人の愛する家族」。

業界曰く、『水着にならなくていいアイドルは松たか子だけ』。

2007年12月28日、ミュージシャンの佐橋佳幸との入籍を発表した。



出演

映画
東京日和(1997年、フジテレビジョン・東宝) - 水谷 役
四月物語(1998年、ロックウェルアイズ) - 楡野卯月 役
ナイン・ソウルズ(2003年、「ナイン・ソウルズ」製作委員会、豊田利晃監督) - ユキ 役
隠し剣 鬼の爪(2004年、「隠し剣 鬼の爪」製作委員会、松竹) - きえ 役
THE 有頂天ホテル(2006年、三谷幸喜監督) - 竹本ハナ 役
ブレイブ・ストーリー(2006年、劇場アニメ) - 三谷亘 役(声)
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2007年、松竹) - ミズエ 役
HERO(2007年、東宝) - 雨宮舞子 役
K-20 怪人二十面相・伝(2009年、佐藤嗣麻子監督、東宝)

テレビドラマ
花の乱(1994年、NHK) - 日野富子 役
藏(1995年、NHK) - 田乃内烈 役
ロングバケーション(1996年、フジテレビ系) - 奥沢涼子 役
秀吉(1996年、NHK) - 淀 役
古畑任三郎 第2シリーズ 第8話(1996年、フジテレビ系) - 毛利サキ 役
こんな私に誰がした(1996年、フジテレビ系) - 岩崎奈津子 役
竜馬がゆく(1997年、TBS系) - 千葉さな子 役
僕が僕であるために(1997年、フジテレビ系) - 村中宏子 役
古都の恋歌(1997年、TBS系) - 内藤桃代 役
ひとつ屋根の下2(1997年、フジテレビ系) - 望月実希 役
ラブジェネレーション(1997年、フジテレビ系) - 上杉理子 役
春燈(1997年、NHK) - 富田綾子 役
烏鯉(1998年、TBS系) - 山下薫子 役
じんべえ(1998年、フジテレビ系) - 高梨美久 役
櫂(1999年、NHK) - 富田喜和 役
今夜は営業中(1999年、日本テレビ系) - 高松かな子 役
お見合い結婚(2000年、フジテレビ系) - 中谷節子 役 単独初主演
慎吾ママドラマSP〝おっはー〟は世界を救う!(2001年、フジテレビ系) - 松たか子 役
HERO(2001年、フジテレビ系) - 雨宮舞子 役
忠臣蔵1/47(2001年、フジテレビ系) - 阿久利 役
明るいほうへ 明るいほうへ(2001年、TBS系) - 金子テル(金子みすゞ) 役 主演
27時間テレビスペシャルドラマ 東京物語(2002年、フジテレビ系) - 平山紀子 役
いつもふたりで(2003年、フジテレビ系) - 谷町瑞穂 役 主演
生放送はとまらない!(2003年、テレビ朝日系) - 松たか子 役
竜馬がゆく(2004年、テレビ東京系) - 大浦屋お慶 役
広島 昭和20年8月6日(2005年、TBS系) - 矢島志のぶ 役 主演
HEROスペシャル(2006年7月3日、フジテレビ系) - 雨宮舞子 役
役者魂!(2006年10月 - 12月、フジテレビ系) - 烏山瞳美 役 主演
坂の上の雲(2009年、NHK) - 佐久間多美 役 

バラエティー・音楽番組
FNS超テレビの祭典(1996年3月29日、フジテレビ)
ロングバケーションチームとして出場
FNS超テレビの祭典・実りの秋号(1996年10月3日、フジテレビ)
こんな私に誰がしたチームとして出場
おもいッきりイイ!!テレビ(2008年8月19日、日本テレビ)



舞台
人情噺文七元結(1993年、歌舞伎座)
小粋な幽霊 あぢさゐ(1994年、新橋演舞場)
滝の白糸 じゅんさいはん(1994年、新橋演舞場)
ラ・マンチャの男(1995年、青山劇場 / 1997年、名鉄劇場・青山劇場 / 1999年、劇場飛天・青山劇場 / 2002年、博多座・帝国劇場 / 2005年、名鉄劇場・帝国劇場/ 2008年、帝国劇場)
ハムレット(1995年、銀座セゾン劇場 / 1998年、銀座セゾン劇場他)
天涯の花(1999年、新橋演舞場)
セツアンの善人(1999年、新国立劇場 / 2001年、赤坂ACTシアター)
オケピ!(2000年、青山劇場)
VOYAGE〜船上の謝肉祭〜(2000年、シアターコクーン)
夏ホテル(2001年、PARCO劇場)
嵐が丘(2002年、新橋演舞場)
モーツァルト! (2002年、日生劇場)
NODA・MAP オイル(2003年、シアターコクーン・近鉄劇場)
おはつ(2004年、新橋演舞場)
浪人街(2004年、青山劇場)
ミス・サイゴン(2004年、帝国劇場)
コーカサスの白墨の輪(2005年、世田谷パブリックシアター)
NODA・MAP 贋作 罪と罰(2005年 - 2006年、シアターコクーン・シアターBRAVA!)
劇団☆新感線 メタル マクベス〜SHINKANSEN☆RS(2006年、青山劇場・大阪厚生年金会館大ホール・まつもと市民芸術館主ホール)
ひばり(2007年、シアターコクーン)
ロマンス(2007年、8月3日 - 9月30日、世田谷パブリックシアター)
「ラ・マンチャの男」(2008年、帝国劇場)
SISTERS(2008年、PARCO劇場・北九州芸術劇場・りゅーとぴあ・シアター・ドラマシティ)
NODA・MAP パイパー(2009年、シアターコクーン)



受賞歴
紀伊国屋演劇賞
エランドール賞(1997年) - 新人賞
第22回 報知映画賞(1997年) - 最優秀新人賞受賞
日本のニューヒロイン'97 - 第1位
第34回 ゴールデン・アロー賞(1997年) - 放送新人賞ならびに最優秀新人賞
第8回 日本映画批評家大賞(1999年) - 女優賞
第36回 ゴールデン・アロー賞(1999年) - 演劇賞
第21回 松尾芸能賞(2000年) - 新人賞
第50回 芸術選奨文部大臣新人賞 演劇部門(2000年)
第10回 橋田賞 TV部門(2002年)
第38回 紀伊國屋演劇賞(2004年1月19日) - 個人賞
第29回 報知映画賞(2004年12月1日) - 最優秀女優賞
第28回 日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(2005年)
第13回 読売演劇大賞 優秀女優賞(2005年)
第43回 ゴールデン・アロー賞(2005年) - 演劇賞
第31回 日本アカデミー賞 優秀助演女優賞(2007年)
第7回 朝日舞台芸術賞(2008年)
第15回 読売演劇大賞(2008年) - 最優秀女優賞



CM
東芝 冷蔵庫・かわりばん庫
資生堂 ホワイティア
山崎製パン 新食感宣言 他多数
ロート製薬 ドリスタン 他
パナホーム
コカ・コーラ まろ茶・茶葉の功
サントリー モルツ
三菱UFJ証券
ニッケペットケア
富士通

DVD
四月物語(DVD - 1999年、映画)
東京日和(DVD - 2000年、映画)
ロングバケーション(DVD - 2001年、テレビドラマ)
HERO 第1-6巻(DVD - 2001年、テレビドラマ)
明るいほうへ 明るいほうへ(DVD - 2001年、テレビドラマ)
『夏ホテル』(DVD - 2001年、舞台)
忠臣蔵1/47(DVD - 2002年、テレビドラマ)
いつもふたりで DVD-BOX(2003年、テレビドラマ)
東京物語(テレビ版)(DVD - 2003年、テレビドラマ)
ナイン・ソウルズ(DVD - 2004年、映画)
竜馬がゆく(DVD - 2004年、テレビドラマ)
『おはつ』(DVD - 2004年、舞台)
浪人街(DVD - 2004年、舞台)
隠し剣 鬼の爪(DVD - 2006年、映画)
THE 有頂天ホテル(DVD - 2006年、映画)
『メタルマクベス』(DVD - 2006年、舞台)
涙そうそう 広島・昭和20年8月6日(DVD - 2006年、テレビドラマ)
役者魂!(DVD - 2007年、テレビドラマ)
松たか子主演『藏』(DVD - 2007年、テレビドラマ)
松たか子主演『春燈』(DVD - 2007年、テレビドラマ)
松たか子主演「櫂」(DVD - 2007年、テレビドラマ)
HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版(DVD - 2007年、テレビドラマ)

以上、Wikipediaより引用



司馬遼太郎さんの小説がドラマや、映画化されたものにも多く出演されています。
2009年度には、「坂の上の雲」がはじまります。
佐久間多美 役で出演されるようですので、応援しています。



カスタム検索




スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

サントリー オールド CM 宇津井健 本当に初期の頃のCMです。


サントリー オールド 昔のCM

宇津井建さんが若い!
オレより下の世代の方は、見たことがないかもしれません。
ホットウイスキー(お湯割り)も、この頃からだった気がします。
私は、熱いお酒が苦手で、焼酎もウイスキーも氷をたっぷり入れた
水割りが大好きなのですが、ここ数年、お湯割りも飲むようになりました。
日本酒の熱燗だけは、いまだに苦手です。



宇津井建

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宇津井 健(うつい けん、1931年10月24日 - )は、東京都出身の日本の俳優。
所属事務所はサムデイ。

千葉県立千葉高等学校卒業、早稲田大学中退。大学時代は馬術部に所属。在学中に俳優座養成所に入る。この間に『思春の泉』(1953年、中川信夫監督)で華々しく映画初主演を飾る。翌1954年に新東宝に入社し、若手スターとして大活躍、各方面からの注目を集める。『鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ)シリーズ』での主演は今でも語り継がれる。

新東宝が倒産した1961年には大映に移り、映画では脇に回ることが多くなる。主演した大映テレビドラマ『ザ・ガードマン』(1965年 - )は30%を超える高視聴率で長寿番組となる。

60年代半ばから80年代前半まで大映テレビドラマの大黒柱として活躍。山口百恵と共演した「赤い」シリーズ、1988年10月から1995年3月まで7シリーズにわたって放送された『さすらい刑事旅情編』などで活躍する。また、「赤い」シリーズの前作となるTBS系ドラマ「顔で笑って」のエンディングソング『パパは恋人』を山口百恵とデュエットしている。(この曲は山口百恵の3枚目のシングル『禁じられた遊び』のB面に収録され、現在も山口百恵のアルバム『青い果実/禁じられた遊び』で歌声を聴くことができる)

最近ではドラマの中で、子供思いの父親または祖父役を演じることが多い。また『宇津井健氏は神経痛』という回文のネタにもなっている。2005年6月23日の『とんねるずのみなさんのおかげでした』に息子の宇津井隆が出演している。彼は、フジテレビ事業センター事業推進担当部長である。

2006年4月6日から放送開始した『渡る世間は鬼ばかり』の第8シリーズで藤岡琢也に代わり主人公の岡倉大吉を演じる。宇津井自身、連続ドラマで主役を演じるのは1995年3月の『さすらい刑事旅情編』の放送終了後11年ぶりである。



新東宝制作の映画『スーパージャイアンツ』シリーズは、美術・音楽・演出ともに当時の子供向け作品の中にあって、良心的なスタッフが実力を大いに発揮した優れた作品である。特に舞台美術は屈指の傑作。但し、近年コサキンなどが、宇津井演じる主人公の股間部が目立つ(いわゆる「モッコリ」)タイツ姿を頻繁に笑いのネタにしているが、この2人を特に嫌ってはおらず、ラジオにもゲスト出演、テレビ番組にも出演している。
2006年4月12日、長年連れ添った友里恵(旧名・千恵子)夫人が膵臓癌のため亡くなった。死去した当日も、宇津井は普段通りの態度でラジオやドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の仕事をこなした。この時、石井ふく子プロデューサーは「奥さんの死を口止めされていた。セリフもつかえることなく、変わらず仕事をする宇津井さんには本当にプロフェッショナルを感じた。頭が下がる思い。」と語っている。 自宅にはトレーニングルームがあり、テレビ通販で購入したマシンが沢山置いてある。小柳ゆきのCDをかけて体を鍛えるのが毎日の日課とか。ただ有酸素運動は嫌いなのだそうだ。また、ドラマの収録時の合間には持参した鉄アレイで体を鍛えている。

藤原紀香と所属事務所が同じである。その縁もあり紀香と陣内智則の結婚披露宴では乾杯の音頭を取った。なお契約時期が紀香より若干遅く、事務所内では紀香が「先輩」であると、披露宴の際に打ち明けた。

座右の銘:才能の器は小さい、努力の器は大きい。




略歴
1950年早稲田大学第一文学部芸術科演劇入学
1952年俳優座養成所第4期生入学
1953年俳優座製作映画「思春の泉」主演抜擢
1954年新東宝(株)と契約。この期間出演77本
1961年大映映画(株)と契約。出演42本
1971年大映倒産後、大映テレビ(株)に自動契約
1995年(株)サムデイと専属契約。現在に至る



出演

映画
『思春の泉』(1953年、新東宝) ※映画デビュー作
『暴力の王者』(1956年、新東宝)
『明治天皇と日露大戦争』(1957年、新東宝)
スーパージャイアンツシリーズ(新東宝)
『鋼鉄の巨人』『続鋼鉄の巨人』(1957年)
『怪星人の魔城』『地球滅亡寸前』(1957年)
『人工衛星と人類の破滅』(1957年)
『宇宙艇と人工衛星の激突』(1958年)
『宇宙怪人出現』(1958年)
続スーパージャイアンツシリーズ(新東宝)
『悪魔の化身』(1959年)
『毒蛾王国』(1959年)
『肉体女優殺し 五人の犯罪者』(1957年、新東宝)
『白線秘密地帯』(1958年、新東宝)
『女王蜂の怒り』(1958年、新東宝)
『人間の壁』(1959年、新東宝)
『猛吹雪の死闘』(1959年、新東宝)
『戦場のなでしこ』(1959年、新東宝)
『嵐に立つ王女』(1959年、新東宝)
『雷電』(1959年、新東宝)
『皇室と戦争とわが民族』(1960年、新東宝)
『松川事件』(1961年、松川事件劇映画製作委員会)
『東京の夜は泣いている』(1961年、新東宝)
『強くなる男』(1961年、大映)
『献身』(1961年、大映)
『長脇差忠臣蔵』(1962年、大映)
『誘拐』(1962年、大映)
『熱砂の月』(1962年、大映)
『陽気な殿様』(1962年、大映)
『青葉城の鬼』(1962年、大映)
『秦・始皇帝』(1962年、大映)
『禁断』(1962年、大映)
『嫉妬』(1962年、大映)
『情熱の詩人琢木』(1962年、大映)
『やっちゃ場の女』(1962年、大映)
『御身』(1962年、大映)
『風速七十五米』(1962年、大映)
『暗黒街NO.1』(1963年、大映)
『黒の報告書』(1963年、大映)
『黒の死球』(1963年、大映)
『黒の商標』(1963年、大映)
『巨人 大隈重信』(1963年、大映)
『嘘』(1963年、大映)
『八月生れの女』(1963年、大映)
『昨日消えた男』(1964年、大映)
『黒の切り札』(1964年、大映)
『殺られる前に殺れ』(1964年、大映)
『犯罪教室』(1964年、大映)
『海底犯罪NO.1』(1964年、大映)
『検事霧島三郎』(1964年、大映)
『幸せなら手をたたこう』(1964年、大映)
『大捜査網』(1965年、大映)
『女めくら物語』(1965年、大映)
『雲を呼ぶ講道館』(1965年、大映)
『無法松の一生』(1965年、大映)
『ザ・ガードマン 東京用心棒』(1965年、大映)
『ザ・ガードマン 東京忍者部隊』(1965年、大映)
『殺人者』(1966年、大映)
『ごんたくれ』(1966年、大映)
『小さい逃亡者』(1966年、大映)
『海のGメン 太平洋の用心棒』(1967年、大映)
『ジェットF104脱出せよ』(1968年、大映)
『あゝ陸軍隼戦闘隊』(1969年、大映)
『あゝ海軍』(1969年、大映)
『ボクは五才』(1970年、大映)
『新幹線大爆破』(1975年、東映)
『パンダ物語 熊猫的故事』(1988年、東宝)
『催眠』(1999年、東宝)
『シベリア超特急3』(2002年、IMAGICA)
『死に花』(2004年、東映) ※以前の岡倉大吉役だった藤岡琢也と共演
『鳶がクルリと』(2005年、東映)
『大停電の夜に』(2005年、アスミック・エースエンタテインメント)

テレビ
NHK
大河ドラマ
『いのち』
『武田信玄』
『信長』
『葵徳川三代』
『武蔵 MUSASHI』

『ぴあの』(連続テレビ小説)
『新・腕におぼえあり』(金曜時代劇)
『ブルーもしくはブルー 〜もう一人の私〜』
『男が家を出るとき』(銀河テレビ小説)
『黄昏の赫いきらめき』
『上杉鷹山』
『流通戦争』
『ディロン~運命の犬ふたたび』

日本テレビ系
『源さん』(1983年)
『たんぽぽ』
『ぼくの娘を盗むのですか』
『明日があるさスペシャル』
『ごくせん』シリーズ(2002年、2005年、2008年)
『おとなの夏休み』(2005年)

TBS系
『ザ・ガードマン』
『シークレット部隊』
『燃える兄弟』
『顔で笑って』
『赤いシリーズ』(『赤い絆』・『赤い魂』除く)
『心』
『年ごろ家族』
『野々村病院物語』
『薔薇海峡』
『少女に何が起ったか』
『三十ふり袖』
『初蕾』
『ひまわりの歌』
『プリティガール』
『デパート!夏物語』(中条静夫の代役)
『渡る世間は鬼ばかり』(藤岡琢也の代役→藤岡琢也の死去で事実上後任になる。現在、放映中)
『山田太郎ものがたり』

フジテレビ系
『検事』
『秋刀魚の味』
『お義母さんといっしょ』
『海のオルゴール』
『Fujiko Hemmingの軌跡』
『ムコ殿』
『東京物語』
『BRAND』
『LONG LOVE -遠嫁日本-』(BSフジ)
『危険なアネキ』
『鬼平犯科帳スペシャル 一本眉』
『金曜プレステージ・クッキングパパ』(2008年8月)

テレビ朝日系
『にんじんの詩』(NET)
『さすらい刑事旅情編』シリーズ
『車椅子の弁護士・水島威』シリーズ
『伊集院さゆりの事件簿』
『忍者がえし水の城』
『快刀!夢一座七変化』
『藤沢周平用心棒日月抄』
『オヤジ探偵2』
『京都地検の女3』(第1話糀谷辰夫役)2006年
『点と線』
『サラリーマン金太郎』



舞台
『結婚する手続き』
『60歳のラブレター』
『初蕾』
『ナツひとり―届かなかった手紙―』



バラエティー
スター千一夜(フジテレビ)
森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ)
さんまのまんま(フジテレビ・関西テレビ系)
SMAP×SMAP(フジテレビ) - BISTRO SMAPゲスト
メントレG(フジテレビ)
ザ・ベストハウス123(フジテレビ)
ライオンのごきげんよう(フジテレビ)
ダウンタウンDX(日本テレビ系)
未来創造堂(日本テレビ)
メレンゲの気持ち(日本テレビ)
スタジオパークからこんにちは(NHK総合)
バラエティー生活笑百科(NHK総合)
クイズ日本人の質問(NHK総合)
ひるのプレゼント(NHK総合)
徹子の部屋(テレビ朝日)
おませな二人(テレビ朝日)
愛のエプロン(テレビ朝日)
ワイド!スクランブル(テレビ朝日) - 山本晋也との対談でVTR出演
クイズダービー(TBS)
オールスター感謝祭(TBS)
はなまるマーケット(TBS)
チューボーですよ!(TBS)
ジャングルTV 〜タモリの法則〜(TBS系) - ジャングルハンマーのコーナー
出没!アド街ック天国スペシャル(テレビ東京)

CM
サントリーレッド(サントリー)
大正漢方胃腸薬(大正製薬)
KDDI(au)=桂歌丸と共演「簡単ケータイS編」



カスタム検索




スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

サントリー レッド 大原麗子 少し愛して 長く愛して


少し愛して長く愛して

サントリーレッドのCM。
大原麗子さんのこの台詞。忘れられません。

サントリーレッド

あまり高くないウイスキーです。
昔からあったので、何度か飲んだ記憶があります。
口当たりは、よくなかった気もしますが、お酒が好きな私には、
特に問題ではありません。

すこし愛して、なが〜く愛して(サントリー:サントリーレッド 大原麗子)
CMから派生した流行語にまでなった台詞です。



サントリーの商品紹介より
サントリーレッド
日本の食卓をパッと明るくする赤いラベルの晩酌ウイスキー。樽で熟成させた琥珀色の液体が、豊かな夕べを開きます。このウイスキーの前身は1930(昭和5)年に発売されたサントリー「赤札」―つまり「白札」の弟分です。食中酒の雄をめざして年々改良を続け、最もすっきりとした飲み口のジャパニーズウイスキーとして完成の域に近づいています。

まだまだ、改良が続けられているようです。





カスタム検索




スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

サントリー リザーブ CM 倍賞千恵子 「男はつらいよ」のさくらさんです。


サントリー リザーブ CM 倍賞千恵子
「男はつらいよ」のさくらさんです。



昭和58年頃のサントリーリザーブのCM。
さくらの役をしていた、倍賞さん。
若いですよね。
あまり、テレビには、出られない方と記憶していましたが、
ドラマ以外では、いろいろと出られていたようです。

倍賞千恵子

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

倍賞 千恵子(ばいしょう ちえこ、1941年6月29日 - )は、日本の女優、歌手。愛称は「チコちゃん」。倍賞美津子は実妹。弟は猪木事務所社長の倍賞鉄夫と日大三高甲子園準優勝時のメンバーで日産自動車野球部元監督の倍賞明。夫は作曲家の小六禮次郎。



1957年、松竹音楽舞踊学校に入学。1960年、同校を首席で卒業し、松竹歌劇団(SKD)13期生として入団する。同期に榊ひろみ(松竹女優)、加藤みどり(声優)ら。学校時代の実習出演を経て、入団後の初舞台は同年のグランドレビュー「東京踊り」。この年から、主席入団生にフィナーレの先頭を切って大階段を降りる栄誉が与えられ、バトンガールに扮した倍賞がその初代を勤めた。

1961年、松竹映画にスカウトされ『斑女』(中村登監督)で映画デビュー。1963年、山田洋次監督の映画『下町の太陽』に主演し、以降、山田映画に欠かせない庶民派女優となる。『下町の太陽』は映画・歌だけでなく、現在もそのフレーズ自体が倍賞の代名詞になっている。映画『男はつらいよ』シリーズで、渥美清演じる主人公車寅次郎の妹、さくら役でその人気を不動にした。 1996年8月13日に開かれた「寅さんとのお別れの会」では弔辞の後に「さくらのバラード」を献歌した。

1980年の山田洋次監督作品『遙かなる山の呼び声』で日本アカデミー賞、毎日映画コンクールの主演女優賞を、1981年の降旗康男監督の東宝映画『駅 STATION』でキネマ旬報賞、毎日映画コンクールの主演女優賞を受賞。 2004年には、宮崎駿監督の映画『ハウルの動く城』で、ヒロインであるソフィーの声を担当し、主題歌『世界の約束』を歌っている。

1963年には『下町の太陽』で歌手としてもデビューし、同年日本レコード大賞新人賞を受賞し、紅白歌合戦にも出場した(14回~17回まで連続出場)。ほかにヒット曲には「さよならはダンスの後で」「おはなはんの歌」「忘れな草をあなたに」(菅原洋一らとの競作)などがある。歌謡曲からポピュラー/スタンダードに童謡・唱歌まで幅広いジャンルを歌いこなせることに加え、日本語の発音の美しさから歌手としての評価も非常に高く(藤山一郎も評価している)、現在でも精力的にコンサート等を行っている。

『男はつらいよ』で共演した吉岡秀隆とは今でも親交が深く、北海道野付郡別海町の倍賞の別荘に遊びに来た際には、(吉岡に)マッサージを頼むほどの仲である。

音楽活動は俳優業と平行して行っており、映画『男はつらいよ』終了後は、音楽に重点を置いた芸能活動をしている。

吉永小百合ほどでは無いものの、テレビドラマへの出演が少ないことでも知られているが、志村けんのコント番組に出演することが極稀にある。



出演された作品

映画
斑女(1961年)
二人で歩いた幾春秋(1962年)
泣いて笑った花嫁(1962年)
下町の太陽(1963年)
霧の旗(1965年)
さよならはダンスの後に(1965年)
なつかしい風来坊(1966年)
暖流(1966年) - 石渡ぎん役
愛の讃歌(1967年)
白昼堂々(1968年)
男はつらいよシリーズ(1969年~1995年)
家族(1970年)
あゝ声なき友(1972年)
故郷(1972年)
同胞(1975年)
幸福の黄色いハンカチ(1977年)
遙かなる山の呼び声(1980年)
駅 STATION(1981年)
刑事物語2 りんごの詩(1983年)
植村直己物語(1986年)
離婚しない女(1986年)
隠し剣 鬼の爪(2004年)
この胸いっぱいの愛を(2005年)
母べえ(2008年)

アニメ
劇場版 機動戦士ガンダムI(1981年)カマリア・レイの声
ユニコ(1981年)西風の声
ジャングル大帝(1997年)ライヤの声
蓮如物語 Rennyo(1998年)蓮如の母の声
ハウルの動く城(2004年)ソフィー役

ドラマ
お姉ちゃん(1972年、東京放送系)
土曜ワイド劇場 松本清張の顔(1978年、テレビ朝日系)
赤かぶ検事奮戦記(1980年、テレビ朝日系)
まんさくの花(1981年、NHK朝の連続テレビ小説) - 伊吹絹代役
平岩弓枝ドラマシリーズ 春の都会(1981年、フジテレビ系)
月曜ワイド劇場 ハローオックン!あわや、小学浪人?タレントママの百日戦争(1983年、テレビ朝日系)
木曜ゴールデンドラマ 母と子の灯(1983年、日本テレビ系)
ひらり(1992年、NHK朝の連続テレビ小説)(ナレーション)
すずらん(1999年、NHK朝の連続テレビ小説) - 日高萌役(老年期・ナレーション)
奇跡の動物園~旭山動物園物語~(2006年5月13日、フジテレビ系) - 桜崎笙子役
華麗なる一族(2007年・東京放送)(ナレーション)

その他 テレビ
「SMAP×SMAP」(フジテレビ) - BISTRO SMAPゲスト
「森田一義アワー 笑っていいとも!」(フジテレビ) - テレフォンショッキングゲスト
「さんまのまんま」(フジテレビ・関西テレビ系)
「夜のヒットスタジオDELUXE」(フジテレビ)
「志村けんのだいじょうぶだぁ」(フジテレビ) - ゲスト
「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ)
「スターご勝手対談」(フジテレビ)
「欽ちゃんのどこまでやるの!?」(テレビ朝日)
「NTTアワー TIME21」(日本テレビ)
「おしゃれ」(日本テレビ)
「女ひとり旅」(テレビ朝日)
「スター爆笑Q&A」(日本テレビ)
「ファーストクラス」(司会:井上順)
「すてきな出逢い いい朝8時」(TBS系)
「にっぽんの歌(レギュラー版)」(テレビ東京)
「今あの歌・ヒット曲」(テレビ東京)
「ポップス・く・ら・ぶ」(テレビ東京)
「スタジオパークからこんにちは」(NHK総合)
「加山雄三ショー」(NHK総合)
「NHK歌謡コンサート」(NHK総合)
「きよしとこの夜」(NHK総合)
「生活ほっとモーニング」(NHK総合)
「ふたりのビッグショー」(NHK総合)
「愉快にオンステージ」(NHK総合)
「徹子の部屋」(テレビ朝日)
「一枚の写真」(フジテレビ)
「絶景・人情列島 寅さんが旅したニッポン」(テレビ東京) - 2008年8月13日

CM
サントリー リザーブ
ライオン バファリン
日本郵政公社 2007年5月のゴールデンウィークの現金自動預払器の稼動休止の案内CM・郵政民営化の案内CMのナレーター

その他 公演
小林幸子特別公演(2008年10月4日~10月29日、明治座) - ※ナレーション



音楽

シングル
下町の太陽(1962年) (「下町の太陽」主題歌)
さよならはダンスの後に(1965年)
おはなはん(1966年) (NHK朝の連続テレビ小説主題歌)
ギララのロック(1967年) (「宇宙大怪獣ギララ」主題歌)
月と星のバラード(1967年) (「宇宙大怪獣ギララ」副主題歌)
さくら貝の歌
私でよかったら
忘れな草をあなたに(1971年)
お姉ちゃん(1972年)(東京放送系テレビドラマ『お姉ちゃん』主題歌)
世界の約束 (2004年)(『ハウルの動く城』主題歌)

アルバム
GOLDEN☆BEST 倍賞千恵子 まるで映画のひとこまのように…

飲料・食品 還元中!!


カスタム検索




スポンサーサイト



テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

サントリー 金麦 壇れい san

金麦 壇れい さんのCMです。



壇れい

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

檀 れい(だん れい、本名:山崎まゆみ(やまざき まゆみ)1971年8月4日 - )は日本の女優。元宝塚歌劇団月組、星組主演娘役。松竹エンタテインメント所属。

京都府中郡(現在の京丹後市)出身とされているが、兵庫県美方郡新温泉町出身。

宝塚時代の愛称は(芸名より)だん。一部からは(本名より)「まゆみ」とも愛称された。芸名は自身の本名である「まゆみ」にちなんでおり、同音の樹木・檀に由来している。

幼稚園時代に学芸会でほめられたことがきっかけで、高校時代にファッション雑誌の読者モデルを経験するなど、人前に立つ仕事に興味を持つようになる。兵庫県立浜坂高等学校を卒業。

1990年、宝塚音楽学校入学。第78期生。

1992年、宝塚歌劇団入団。席次は40人中最下位であった。雪組「この恋は雲の涯まで」で初舞台。同期には瀬奈じゅん(月組主演男役)、貴城けい(元宙組主演男役)、大空祐飛らがいる。

月組に配属後、1997年に雪組に異動。1998年「浅茅が宿」新人公演ヒロインに大抜擢され、翌年より真琴つばさの相手役として、月組主演娘役に就任。2度の中国公演に参加。北京語でのソロも披露した。

2001年の真琴退団後は専科へ異動となり、外部出演等を経て、2003年には湖月わたるの相手役として、星組主演娘役に就任。技術・迫力も向上し、「王家に捧ぐ歌」のアムネリス、「花舞う長安」の楊貴妃等の当たり役に恵まれた。2005年「長崎しぐれ坂」をもって、退団した。

退団後は女優として新たなキャリアをスタート。2006年12月に映画『武士の一分』で銀幕デビューを果たす。映画初出演ながら、純真無垢な美しさと、健気な女性というイメージ、そして夫を献身的に支える慎ましくも凛とした妻役が好評を博し、日本アカデミー賞優秀主演女優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞。




rei.jpg


宝塚時代

月組時代 1993〜1997年
1996年8月、日本青年館公演「銀ちゃんの恋」玉美
1996年9〜11月、宝塚大劇場公演「チェーザレ・ボルジア/プレスティージュ」新人公演・カテリーナ・スフォルツァ(本役:夏河ゆら)
1997年6〜8月、宝塚大劇場公演「EL DORADO」モルギアーナ

雪組時代 1997〜1998年
1998年5~6月、全国ツアー「風と共に去りぬ」メラニー
1998年8〜12月、「浅茅が宿/ラ・ヴィール」新人公演:宮木(本役:月影瞳)(初ヒロイン)

月組主演娘役時代 1999年〜2001年
1999年3~4月、全国ツアー「うたかたの恋/ミリオン・ドリームズ」マリー・ヴェッツェラ
1999年5~9月、「螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ」アデル/ルシル(芝居・二役(螺旋の~))、エストレーラ(ショー(ノバ~))*大劇場主演娘役披露公演
1999年10〜11月、中国公演「夢幻花絵巻/ブラボー!タカラヅカ」
1999年11〜12月、全国ツアー「うたかたの恋/ブラボー!タカラヅカ」マリー・ヴェッツェラ
2000年2~6月、「LUNA-月の伝言-/BLUE MOON BLUE」アイリーン
2000年8月、博多座公演「LUNA-月の伝言-/BLUE MOON BLUE」同上
2000年9~11月、宝塚大劇場公演「ゼンダ城の虜/ジャズマニア」フラビア姫
2001年1~2月、東京宝塚劇場公演「いますみれ花咲く/愛のソナタ」ゾフィ
2001年5~7月、宝塚大劇場公演「愛のソナタ/ESP!」ゾフィ

専科時代 2001〜2002年
2001年9〜10月、「喜劇・極楽町一丁目」 *外部出演
2002年4月、日生劇場公演「風と共に去りぬ」メラニー
専科・花組・雪組による合同公演
2002年9〜10月、中国公演「蝶・恋/サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ」
星組公演に特別出演

星組主演娘役時代 2003〜2005年
2003年4〜5月、「蝶・恋/サザンクロス・レビューIII」
2003年7〜11月、「王家に捧ぐ歌」アムネリス
2003年12月、ドラマシティ他公演「永遠の祈り」アンヌ
2004年8月、博多座公演「花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04」楊貴妃
2004年10〜12月、「花舞う長安/ロマンチカ宝塚'04」同上
2005年2月、中日劇場公演「王家に捧ぐ歌」アムネリス
2005年5〜8月、「長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!」おしま



宝塚退団後
舞台
2005年10月、 能楽劇『夜叉が池』(梅田芸術劇場、オーチャードホール)百合役
2005年、宝塚歌劇「花の道より」400回記念チャリティ・イベント
2006年4月、華やぐ男達の舞 舞踊詩劇「智恵子抄」(北上市文化交流センターさくらホール)
2008年6月、帝国劇場「細雪」三女 雪子役
2008年7月、「LOVE LETTERS」(PARCO劇場)

映画
2006年12月1日公開 「武士の一分」 三村加世役
2007年9月8日公開 「釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束」 木山珠恵役
2008年1月26日公開 「母べえ」 野上久子役
2009年1月公開予定 「感染列島」

テレビ
オーラの泉(2006年 12月20日 テレビ朝日系列)
陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~(2007年7月 NHK)- お艶 役
『スタジオパークからこんにちは』(8月27日 NHK総合)
愛のエプロン(2007年 9月5日 テレビ朝日系列)
『王様のブランチ』(9月8日 TBS系列)
『女神の勝負食』(9月8日 17:55~18:00 テレビ朝日系列)
『チューボーですよ!』(9月8日 23:30~ TBS系列)
『檀 れいの詩的ドキュメント「アートと自分に出逢う旅」fromフィラデルフィア』(10月19日、26日、11月2日 日本テレビ)関東のみ
『世界ウルルン滞在記"ルネサンス"』(10月28日 TBS系列)
『水曜ミステリー9 父からの手紙』(12月23(日)BS JAPAN、12月26日(水)テレビ東京系列、21:00~22:48)
『名曲アルバムコレクション ~なつかしい曲 なつかしい場所~』(2008年1月5日(土)NHK総合テレビ、15:05~15:58)
『日本の心の旅 SP 「印象派は日本が生んだ檀れいが広重の浮世絵と共にフランス・東海道を巡る旅」』(2008年1月27日 日本テレビ)

CM
ライオン 美容飲料キュプルン「その笑顔」篇(2006年)
サントリー 金麦(2007年-現在)
総合生活企業キノシタグループ 熱帯雨林再生活動 「木下の森」編(2007年)
全日空「LIVE/中国/ANA」(2007年)
日産自動車 ティアナJ32型(2008年-現在)

雑誌
『婦人画報』(2007年3月7日発売)
『カラダAERA』(2007年3月30日発売)- 表紙とインタビュー
『金澤』(2007年4月20日発売号~)- 表紙モデル
『美人計画』(2007年9月号) 青春出版社
『週刊SPA!』(2007年9月4日) 扶桑社
『週刊文春』(2007年9月13日発売) 文藝春秋
『¥en SPA』(2007年9月17日発売) 扶桑社
『BIG Tomorrow』(2007年 10月号) 青春出版社
『GRACE 1月号』(2007年12月7日発売) 世界文化社
『VoCE 2月号』(2007年12/20発売) 講談社
『月刊TVnavi 新春超特大号』(2007年12月19日発売)産経新聞社
『Grazia』(2007年12月27日発売)講談社
『日経おとなのOFF』(2008年1月6日発売)日経ホーム出版社 - 表紙と巻頭ページに掲載
『ANA SKY SHOP 1-2月号』(2008年1月1日発、全日空機内誌)
『情報誌 VISA』(2008年1月1日発行)
『ROSALBA』(2008年1月15日)美研インターナショナル
『美しいキモノ』春号(2008年2月20日)アシェット婦人画報社
『marisol』4月号(2008年3月7日)集英社

檀れいオフィシャルブログ - 公式ブログ


カスタム検索




スポンサーサイト



テーマ : ちょっと聞いて
ジャンル : ブログ

PR
Rakuten
トラベル
最近の記事
プロフィール

さりゅう

Author:さりゅう
家族構成は、大学生の長女、社会人1年生の次女、小学5年生の長男と、奥さまと、ぱぱ。ネコがいなくなちゃった。
大勢いるから、いろいろ起きる我が家。
そして外でもハプニング続出...。
写真と文章で、日々を綴ります。。。

カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
お知らせ

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
楽天情報
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。